2004年2月29日
[セキュリティ]

suコマンドの制限


特定のユーザ以外suコマンドを使えなくするには/etc/pam.d/su にある以下のコメントをはずし、wheelグループにsuを許可するユーザ名を追加すればよい。

[Perl] => [文字列操作]

半角カタカナ->全角カタカナへの変換


半角カタカナから全角カタカナへの変換にはJcodeモジュールを使用します。

2004年2月 8日
[Perl] => [配列]

配列の個数を参照するには


配列の個数を参照するには$#変数名を参照すればよい。

[Linux]

webalizerの日本語化


webalizerとはフリーのアクセス解析ソフトで、http://www.webalizer.comより取得できます。日本語化するにはconfigure時に--with-language=japaneseを指定します。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

wc - ファイルの行数、単語数、サイズを調べる


ファイルの行数や単語数を調べるにはwcコマンドを使用します。

[vim]

viエディタの設定ファイル


vi の環境ファイルは~/.exrcにあります。vimの場合は~/.vimrcになりますので、通常はこちらに記述することになるかと思います。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

tar - アーカイブを作成


tar コマンドはファイルのアーカイブを作成したりするためのコマンドです。(複数のファイルをひとつのファイルにまとめたり、展開したりします)

[Linux]

テープの操作


テープデバイスの主な操作方法。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

stat - ファイルのステータスを表示


statコマンドはファイルの最終更新日など、ファイルのステータスを表示するコマンドです。

[Linux]

システム起動時にプログラムを立ち上げるには


システム起動時にプログラムを立ち上げたりコマンドを実行るには/etc/rc.localすればよい。例えばシステム起動時にntpサーバとの時間の同期を取るには以下のようにします。

[セキュリティ]

rootユーザで直接SSHへログインするのを防ぐ


SSHにてrootユーザが直接ログインするのを防ぐには sshd_config にて PermitRootLoginをnoにすればよい。

[Sendmail]

telnetによるメール送信


TELNETでポートの25番に直接繋げてメールを送信する方法。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

fuser - ポートを使用しているプロセスIDを調べる


fuserコマンドはポートを使用しているプロセスIDを表示するためのコマンドです。このコマンドを使えば、ポートにてどのようなサービスが稼働しているかを調べることができます。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

sed - ストリーミングエディタ


sedコマンドは置換などに使用されます。

[Linux]

sambaの設定


現時点で特に書くことがないため省略。testparmコマンドにて設定をチェックしましょう。

[Linux]

ランレベルの変更


デフォルトのランレベルを変更するには/etc/inittabを変更すればよい

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

rpm - RPMパッケージの操作


rpmコマンドはrpmパッケージを管理するためのコマンドです。

[proftpd]

インストールと設定


proftpdはwww.proftpd.orgより取得できます。以下設定方法。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

procinfo - /proc以下からシステムの状況を表示


procinfoコマンドはメモリやカーネルの情報を調べる際に使用されます。これらの情報はprocファイルシステムより取得されます。

[PostgreSQL]

PostgreSQLの設定


RedHatで提供されているRPMのPostgreSQLでは、デフォルトの文字コードがSQL_ASCIIになっています。これですとcreatedbする度に-Eオプションで指定する必要があるため、initdbしなおします。

[Sendmail]

Drac + QpopperによるPOP Before SMTP


システムインストール直後のSendmailはローカルからの送信しか許可していないため、設定が必要です。以下の例ではDracを用いたPOP Before SMTPの設定方法。(popperにはqpopperを使用)

[Linux]

PHP3と4の共存


PHP3と4の共存にはconfigureするときに--enable-versioning を PHP3とPHP4の両方に付ければOK

[PostgreSQL]

PostgreSQLにてデータベースの所有者を変更するには


PostgreSQLにてデータベースの所有者を変更するにはデータベースtemplate1に接続したのち、所有者のIDを取得してからpg_databaseのdatdbaをupdateします。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

ntpdate - ntpサーバとの時間の同期


ntpdateコマンドはntpサーバに接続し時間の同期を行うためのコマンドです。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

nl - 行番号を付ける


nlコマンドはファイルに行番号を付けて表示してくれます。

[Linux]

namazuの設定


namazuとは全文検索をするためのソフトで、http://www.namazu.org/よりダウンロードできます。

[その他]

MovableType - インストール


Movabletypeとは今人気のブログサイトを構築するためのソフトで、http://www.sixapart.jp/ から手にいれることができます。以下ソフトを取得後のインストール手順。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

mount - ファイルシステムのマウント


mountコマンドはファイルシステムをマウントする際に使用されます。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

モジュール関連コマンド - lsmod insmod modprobe depmod rmmod


lsmod insmod modprobe depmod rmmodなどはすべてモジュール関連のコマンドである。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

mkpasswd - パスワード自動生成コマンド


mkpasswdはパスワードを自動生成するためのコマンドです。このコマンドを使用するにはexpectパッケージがインストールされている必要があります。

[Linux]

/etc/sysconfig/i18n - 言語設定ファイル


言語設定ファイルは/etc/sysconfig/i18nになります。ここのLANGに記述されている言語がデフォルトになる。.bash_profileでユーザごとに設定することも可能

[Apache]

SSL証明書のインストール方法


SSL証明書のインストール方法。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

hostname - ホスト名の設定


ホスト名を設定するにはhostnameコマンドを使用します。オプションおよびパラメータを渡さずにこのコマンドを使用した場合は、現在のホスト名を表示します。またこのコマンドでNISドメイン名を設定することも可能。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

hdparm - ディスクパラメータの表示と設定


hdparm - ディスクパラメータの表示と設定

[Linux]

ハードディスクの増設方法


ハードディスクの増設方法。

[proftpd]

FTPのみログインを許可するシェル


シェルログインを許可せずFTPのみ許可するにはまず以下のようなスクリプトを 作成し、/bin/ftponlyとして保存します。

[proftpd]

ftpの自動処理


ftpの自動処理。ftp -n でファイルに記述した処理を読み込むことが可能なためこれを利用できます。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

fdformat - フロッピーのフォーマット


Linux 上でフロッピーをフォーマットするにはfdformatコマンドを使用します。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

find - ファイル検索コマンド


findコマンドはファイルやディレクトリを再帰的に検索してくれます。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

du - ディスクの使用量を調べる


du コマンドはフォルダーを再起的に辿り、各ファイルの容量を調べます。ファイルをkilobyteまたはmegabyteで表示するには-h オプションを使用します。フォルダの合計容量を調べるには-s オプションを使用します。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

dd - ファイルのコピーやイメージの作成


ddコマンドはファイルのコピーやイメージを作成したりする際に使用されます。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

date - 日時の表示と設定


dateコマンドは現在の日付を表示するだけでなく、一定期間前の日時を取得したりすることもできます。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

cut - 特定のフィールドを切り出して表示


cutコマンドで特定のフィールドを切り出して表示することができます。

[Linux]

Cron - プログラムの定期実行


特定の時間に特定のプログラムやコマンドを実行させるにはCronを使用します。Cronの設定ファイルは/etc/crontabにあり、以下のような書式になります。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

ln - リンクの作成


シンボリックリンクを作成するにはlnコマンドに-s オプションを渡します。

[Perl]

Perlモジュールのインストール方法


perlモジュールをインストールするにはCPANを使用すると便利である。ソースを取得してコンパイルしてからインストールしてもよい。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

chsh - デフォルトシェルの変更


ユーザがデフォルトで使用するシェルを変更するにはchshコマンドを使用すればよい。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

mkbootdisk - ブートディスクの作成


ブートディスクを作成するにはmkbootdiskコマンドを使用します。以下ブートディスクの作成手順。

[Linux]

bashの操作方法


コンソールでbashを使用している時の主なキー操作を以下に簡単にまとめます。

2004年2月 6日
[Sendmail]

Sendmailでのウィルススキャン


AntiVir Milterとは個人使用に限り無料なウィルスソフトで、H+DEDVのサイトでダウンロードできます。

2004年2月 4日
[Apache]

CSRの作成方法 (Apache+ModSSL)


CSRとは署名要求(Certificate Signing Request)のことで、これに署名をしてもらったものがSSLサーバ証明書になります。以下CSRの作成方法。