2004年8月19日
[Perl]

無名ハッシュへのリファレンス


以下のようにすることで無名ハッシュへのリファレンスを作成できます。

[Perl]

values - ハッシュから値を取り出す


ハッシュから値を取り出すにはvaluesを使用します。

[Perl]

keys - ハッシュからキーを取り出すには


ハッシュからキーを取り出すにはkeysを使用します。

[Perl]

each - ハッシュからキーと値を取り出す


ハッシュからキーと値を取り出すにはeachを使用します。

2004年8月18日
[Perl] => [ファイル操作]

DirHandle - ディレクトリのファイル一覧を取得


DirHandleを使用すれば簡単にディレクトリのファイル一覧を取得できます。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

iptables-restore - iptablesの設定を復元する


iptablesの設定を復元するにはiptables-restoreコマンドを使用します。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

iptables-save - iptablesの設定を保存する


iptables-save コマンドでiptablesの設定を保存できます。

2004年8月17日
[PostgreSQL]

to_date() - TIMESTAMPから日付のみを取得する


to_date関数を使用すればtimestamp型から日付のみ取り出すことができます。 

[Perl] => [DBI]

ラージオブジェクトのインポート


ラージオブジェクトのインポートにはlo_importを使用します。

[PostgreSQL]

ラージオブジェクトのコメント


\lo_list でラージオブジェクトの一覧とそのコメントが表示されますが、このコメントはシステムテーブルpg_description内に格納されています。

[Perl] => [DBI]

ラージオブジェクトの削除


ラージオブジェクトの削除にはfunc(OID, 'lo_unlink') を使用します。

[PostgreSQL]

スラッシュコマンドでのラージオブジェクトの操作


スラッシュコマンドでのラージオブジェクトの操作方法。

2004年8月16日
[Perl] => [DBI]

ラージオブジェクトの書き込み


データベースへラージオブジェクトを書き込む場合、書き込みの処理とOIDを格納する2ステップに分かれます。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

zip/unzip - zipファイルの圧縮・解凍


zipはwindowsでよく使われる圧縮形式ですが、Linux上で圧縮・解凍を行うにはzipコマンド(圧縮)、unzipコマンド(解凍)を使用します。

[Perl] => [文字列操作]

substr - 位置を指定した文字列の取り出し


substrは文字列から特定の文字を取り出すための関数です。

[Perl] => [文字列操作]

rindex - 文字列の末尾から指定した文字の位置を調べる


index関数が文字列の先頭から指定した文字の場所を調べるのに対し、rindexは文字列の末尾から検索をして、最初に見つかった位置を返します。

[Perl]

use vars - use strict内でグローバル変数を使用するには


use varsはuse stritc宣言した中でグローバル変数を使用するために使われます。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

paste - ファイルを行にて連結


paste コマンドを使用すれば、ファイルを同じ行で連結してくれます。

2004年8月13日
[Perl] => [メール]

MIME::Lite - 添付付きメールの送信


添付付きメールを送信するにはMIME::Liteを利用すると便利です。

2004年8月12日
[Perl] => [DBI]

ラージオブジェクトのデータを取得


ラージオブジェクトのデータを取得するには、ただ単にSELECTしただけではうまくいきません。以下のように、lo_open, lo_read, lo_closeを使用します。

[PostgreSQL]

ラージオブジェクト


ラージオブジェクトとは画像などといったバイナリーデータをデータベースに格納するための形式です。

2004年8月11日
[Perl]

pdflib - PDFファイルを生成する


pdflibは動的にPDFファイルを作成してくれるためのライブラリです。

2004年8月10日
[Perl]

if文で{}の省略


通常if文は以下のように実行文を{}の中に書く形式を取るが、実行文が一つの場合は{}を省略して書くことも可能。

[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

df - ディスクの使用量を調べる


dfコマンドでディスクの使用量を調べることができます。

2004年8月 6日
[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

pidof - プログラムのプロセスIDを調べる


稼動しているプログラムのプロセスIDを調べるにはpidofコマンドを使用します。

2004年8月 5日
[Sendmail]

savemail panic


savemail panic がmaillogに出た場合、postmaster宛てのaliaseが正しく設定されていない可能性がありますので、チェックしてみてください。

[Sendmail]

sendmailのアップグレード


注: 作業を行う前に、以前使用していたsendmailのバイナリや設定ファイルを...

[Linux] => [シェルスクリプト]

$# - シェルに渡された引数の個数


特殊変数$#はシェルに渡された引数の個数を表します。

[Linux] => [シェルスクリプト]

killproc関数


killproc関数は/etc/rc.d/init.d/function 内に定義されています。functionファイルでは、その他daemon 関数など、起動スクリプト内でよく使われている関数が記述されております。

[Linux] => [シェルスクリプト]

$? - 最後に実行したコマンドのexit値


最後に実行したコマンドのexit値は特殊変数$?で取得できます。

[Linux] => [シェルスクリプト]

testコマンド


testコマンドは与えられた引数を条件式として評価し、その結果が真の時は 終了状態にゼロ(真)を、偽の場合はゼロ以外の値を返します。

[Sendmail]

キューの再送をする


通常メールはすぐに配送されますが、一時的に送信先サーバへの接続ができなかったり、サーバの負荷が高かったり↓場合、メールはすぐに送信されずにメールキューに一旦たまります。

2004年8月 3日
[Sendmail]

ClamAVによるウィルススキャン


ClamAVはフリーのウィルススキャンソフトで、サーバ上にインストールすることで、ユーザがメールを受け取る前にウィルスを除去することができます。

2004年8月 2日
[Perl] => [文字列操作]

String::Randomを用いてパスワードをランダムに生成


String::Randomモジュールは指定したパターンに基づき、ランダムに文字列を生成してくれます。