2005年8月26日
[Linux] => [シェルスクリプト]

ヒアドキュメント


ヒアドキュメントを使用すれば長い文字列を簡単に出力することができます。

2005年8月25日
[セキュリティ]

iptablesでftpを通す


iptablesでFTPを通すには20番ポートと21番ポートをあけるだけではpassive modeのFTPはうまく通してくれません。ip_conntrack_ftpとip_nat_ftp二つのモージュールをロードする必要があります。

[セキュリティ]

macアドレスによるフィルタリング


iptablesではmacアドレスによるフィルタリングも可能です。

2005年8月22日
[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]

dircolors - lsコマンドのカラー設定


lsコマンドを使用した際に表示される色の設定はdircolorsコマンドで変更できます。

2005年8月19日
[Apache]

apache + mod_ssl のインストール


apache + mod_sslにて動かすにはまずmod_sslからconfigureします。

2005年8月18日
[セキュリティ]

公開鍵認証でパスワードなしにログイン


公開鍵認証を使用すればパスワードなしにリモートサーバにログインできます。手順としてはまずssh-keygenコマンドを使用して公開鍵と秘密鍵のペアを作成します。

2005年8月17日
[Apache]

mod_perlのインストール


mod_perlはApacheの追加モジュールで、mod_perlのウェブサイトより入手できます。

[その他]

APNICにて国別に割り当てられているIPアドレスを調べる


APNICはアジア・太平洋地域におけるIPアドレスの割り当てを管理する組織です。APNICのホームページでは国別に割り当てられているIPアドレスの一覧を調べることができます。

[Linux]

pg_config.h - PHPのmakeに失敗


--with-pgsqlと指定してconfigureした場合、pg_config.hがないと言われPHPのmakeに失敗することがあります。

2005年8月13日
[PostgreSQL]

dropuser - ユーザの削除


postgresユーザの削除にはdropuserコマンドを使用します。

2005年8月10日
[セキュリティ]

tripwireによるファイル改竄検知


tripwireは定期的にデータベースとの照合を行いファイルに改竄がないかどうかを確認するためのソフトです。導入にはRPMを使用すると楽です。

[Linux]

/etc/ld.so.conf 共有ライブラリの検索パス


/etc/ld.so.confには共有ライブラリを検索するディレクトリを記述します。

[FreeBSD]

sockstat - オープン状態のソケット一覧を表示


sockstatコマンドで現在オープンになっているソケットの一覧を見る事ができます。

2005年8月 9日
[セキュリティ]

zlib + libpng + gd + mrtgのインストール


mrtgのインストールにはzlibとlibpng、それからgdが必要となります。

[Linux]

IGNOREEOF - Ctrl+Dでの間違いログアウトを防ぐ


環境変数IGNOREEOFに値を設定すれば設定した回数だけCtrl+Dが無視されますので、キーの押し間違いによるログアウトを防ぐことができます。

[Linux]

syslog - ログの一括管理


syslogはリモートサーバのログを受け取ることも可能です。

[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

md5sum - MD5メッセージダイジェストのチェック


md5sumコマンドはファイルが正しくダウンロードされているかどうかを確認する際に使用されます。

2005年8月 8日
[FreeBSD]

FreeBSD - バーチャルインターフェースの設定


FreeBSDでバーチャルインターフェースを設定するにはifconfigコマンドを使用して以下のようにします。

[その他]

ページ内のリンク総数


lynxコマンドを使用するとリンクの一覧がでますので、これを見ればページ内のリンク総数が簡単に分ります。

2005年8月 5日
[セキュリティ]

SNMPの設定


SNMPとはネットワークに接続された様々な機器を監視するためのプロトコルです。SNMPを使用するとトラフィックやディスク、ロードアベレージ、プロセス数などの情報を取得することが可能です。

2005年8月 4日
[FreeBSD]

MRTGによるシステム監視


SNMPとMRTGを使用することでシステムの様々な値を取得して、グラフ化することが可能です。SNMPがインストールされていない場合にはまずそちらからインストールしてください。

2005年8月 3日
[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

snmpwalk - MIBツリーの値を順次取得


snmpwalkはMIBツリーの値を順次取得し表示するためのコマンドです。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

snmpconf - snmpd.confの作成


snmpconfはsnmpd.confを対話的に作成するためのコマンドです。ファイルはカレントディレクトリに作成されます。

2005年8月 2日
[Sendmail]

ClamAV - Oversized Zip FOUND


ClamAVを入れているシステムで、大きなzip添付ファイルを送るとウィルスとみなされてしまう場合があります。