2005年11月28日
[FreeBSD]

tcshの補完機能


tschの補完機能はcompleteでカスタマイズすることが可能です。たとえばディレクトリのみをcdコマンドの補完候補にするには以下のようにすればよい。

[FreeBSD]

tcshのプロンプト表示


tcshにおけるプロンプト表示はset promptにて変更できます。.cshrcに記述するとよいでしょう。

2005年11月25日
[その他]

MovableType - ディレクトリ構造の変更


通常エントリーまでのパスは以下のようなに年と月がパスに含まれる。

2005年11月24日
[Perl] => [DBI]

DBD::Pgのインストール


libpq.soファイルが存在するのに以下のようなエラーがでてDBD::Pgがうまく動かない場合、/etc/ld.so.confを正しく設定しましょう。

[FreeBSD]

perl-after-upgrade


perl-after-upgradeはperlに依存しているパッケージ情報を表示するためのコマンドで、-fオプションをつけることで、依存情報の修正を行ってくれます。

2005年11月21日
[Perl] => [配列]

配列の区切り文字


配列の区切り文字は通常スペースになりますが、特殊変数$"にて変更することが可能です。

[Perl] => [配列]

配列の差分


二つの配列の差分を調べるには以下のようにします。

[PostgreSQL]

not null制約の削除


NOT NULL制約の削除及び追加はALTER TABLE文を使用します。

2005年11月20日
[その他]

MovableType - 最終更新日順にエントリーを表示


最終更新日にてソートするにはGLOBAL LISTINGSプラグインを使用して以下のようにすればよい。

2005年11月18日
[Linux]

CRコードの除去


行末に表示される^MはWindowsの改行コードで使われるCRコードである。これを削除するには以下のようにtrコマンドを使用します。

2005年11月17日
[PostgreSQL]

REFERENCES - 参照制約


REFERENCES制約を使用することで、参照しているテーブルにない値を入力できなくすることが可能。下記の例ではテーブルupdateのhostnameにはテーブルhostnameにある値しか入力できなくなります。

2005年11月16日
[Linux]

fs type nfs not supported by kernel


nfsをマウントしようとして、fs type nfs not supported by kernelというメッセージが出た場合、nfsモジュールがロードされていない可能性があります。modprobeにてモジュールをロードしてください。

[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

sort


sortコマンドにてファイルのソートができます。

2005年11月15日
[Linux]

MTAの切り替え


RedHatではデフォルトのMTAをsendmailとpostfixから選択することができる。MTAの切り替えはシンボリックリンクを変更するためのコマンドupdate-alternativesを使用して以下のようにすればよい。

2005年11月14日
[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]

smbstatus - sambaのステータスをチェック


smbstatusコマンドはsambaサーバのステータスをチェックするためのコマンドです。このコマンドでsambaのバージョンや、設定ファイルの確認などができます。

2005年11月12日
[セキュリティ]

iptalbesでdhcpを通す


iptablesでdhcpを通すには以下のようにudpポートの67と68を開ければよい。

2005年11月 9日
[Qmail]

qmailで送受信されたメールのコピー


qmailのコンパイル時にextra.hのQUEUE_EXTRAとQUEUE_EXTRALENを以下のように修正すれば送受信された全てのメールをフォワードすることが可能。

[Linux]

qpopperをstandaloneで起動


qpopperをstandaloneモードで起動するにはconfigure時に--enable-standaloneを指定する必要があります。

[Linux]

mailコマンドで添付の送信


mailコマンドで添付ファイルを送信するには以下のようにします。

2005年11月 8日
[Perl] => [配列]

配列のソート


配列のソートは普通にsort関数を使用すればよい。