2006年1月27日
[JavaScript]

連想配列のように値にアクセス


通常javascriptでオブジェクトの値にアクセスするにはドット記法を用いて値にアクセスしますが、識別子に文字列を利用することも可能です。

[vim]

画面のスクロール


zコマンドを使用すれば、カーソルを移動せずに画面のみスクロールできます。

[Linux] => [シェルスクリプト]

シェルスクリプトのデバッグ


bash や shに-xオプションをつければ、プログラム実行中の変数の内容などが表示されるので、この情報をもとに問題の箇所を探すことができます。

2006年1月26日
[JavaScript]

text及びtextareaの入力チェック


以下のようにすれば一括でフォームの入力チェックを行うことが可能。

[JavaScript]

フォームの要素名一覧取得


document.form.elementsがフォーム要素オブジェクトへの配列を返すことから、 以下のようにしてフォームに使用されている要素名の一覧を得ることができます。

[JavaScript]

for in ループ


for in ループは配列の中身がなくなるまで処理を行います。Perlでいうところのforeach文になります。

[JavaScript]

this keyword


this keywordは現在のオブジェクトを参照する際に使用されます。

[JavaScript]

連結演算子


JavaScripにおける連結演算子(Perlの.にあたる)は+になります。

2006年1月25日
[Perl] => [CGI]

HTML::Template


HTML::Templateを使用すればHTMLファイルをテンプレートから読み込むことができるようになりますので、スクリプトとHTMLを切り離すことができるようになります。

2006年1月24日
[Qmail]

vpopmailでのユーザ管理


vpopmailでのユーザ追加や削除はvadduserやvdeluserコマンドなどを使用します。

2006年1月23日
[FreeBSD]

FreeBSDでsendmailが起動しない


FreeBSDでSendmailが起動しない場合、/etc/rc.confでsendmail_enableがYESにされていないか、/etc/mail/mailer.confが代わっている可能性がある。

2006年1月20日
[JavaScript]

確認ダイアログ


確認ダイアログはwindow.confirmを使用すればよい。

[FreeBSD]

.forwardからprocmailの呼び出し


Linuxでは通常インストールされているprocmailですが、FreeBSDではデフォルトでインストールされていません。そのため、ローカル配送もprocmailになっていないので、通常.forwardファイルから以下のようにしてprocmailを呼び出します。

[FreeBSD]

User *** doesn't have a valid shell for mailing to programs


.forwardでprocmailへパイプしようとして以下のようなメッセージが出る場合、該当ユーザのシェルが/etc/shellsに記載されていません。

2006年1月19日
[JavaScript]

scriptタグによるJavaScriptの宣言


JavaScriptはscriptタグを使用して以下のように宣言します。

[Apache]

CGIファイルがあるのに No such file とログにでる


CGIファイルが存在するのに、以下のようにNo such fileとApacheのエラーログに出る場合、CGIファイルの一行目にかかれているパスがおかしい可能性があります。

[Apache]

ドキュメントルート直下でファイルの一覧が見れない


Indexesオプションが付いていてもドキュメントルート直下でファイルの一覧がみれない場合、/etc/httpd/conf.d/welcom.confが存在するかどうか確認してみましょう。もし存在する場合、このファイルを削除し、apacheを再起動すればよい。

2006年1月18日
[JavaScript]

var - 変数の宣言


JavaScriptでの変数の宣言はvarを使用します。JavaScriptでは数字から始まる変数は使用できません。

[JavaScript]

選択フォームの値を取得


SELECTにて選択されたフォームの値(<option>タグのvalue 属性の値)は以下のようにして取得できます。

2006年1月17日
[PostgreSQL]

カラム名に日本語を使用した場合


postgresでカラム名に日本語を使用した場合、INSERTやUPDATE時にはカラム名をダブルクォートで囲み、値はシングルクォートで囲んでください。

[Perl] => [文字列操作]

join - 配列の結合


join関数はsplit関数の逆の役割を果たす関数で、受け取った配列を指定した区切り文字にて、スカラー変数に変換してくれます。

[FreeBSD]

pwd_mkdb: warning, unknown root shell


パスワードの変更をしようとした際に、以下のようなメッセージがでる場合、/etc/shellsにログインシェルが正しく記述されていない可能性があります。

2006年1月16日
[FreeBSD]

日本語環境の設定


FreeBSDに入っているviやpagerでは正しく日本語を表示できないので、jvimやjlessを入れるとよい。

2006年1月13日
[Linux]

pfxファイルの変換


IISで使用されていたサーバ証明書をLinuxなどで使用する場合、pfx形式のファイルから秘密鍵、証明書のペアをopensslコマンドにて取り出す必要があります。

2006年1月12日
[その他]

PHPのメール文字化け


PHPでメールのサブジェクト部分などが文字化けする場合、php.iniに以下の一行を追加してみてください。

[vim]

reverse insert


revinsをsetすれば、INSERT時の入力が逆になります。

2006年1月10日
[PostgreSQL]

primary keyの追加


primary keyの追加はALTER TABLE文を使用します。primary keyに設定するカラムにはNOT NULL制約が設定されている必要があります。

[Sendmail]

submit.cf - ローカル配送の転送


ローカル配送を別のサーバにとばすには、submit.cf内の以下の行で、転送先のサーバを記述すればよい。mailertableではコントロールできません。

2006年1月 6日
[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]

lha - lzh形式ファイルの圧縮・解凍


lhaコマンドはwindowsで使用されるlzhファイルの圧縮・解凍をするためのコマンドです。圧縮するには-aオプションを、解凍するには-eオプションを渡します。

2006年1月 5日
[Qmail]

qmHandle - qmailでのキューの処理


qmailでキューの処理をするにはqmHandleというスクリプトを使用します。

[Perl] => [文字列操作]

cryptによる暗号化


文字列の暗号化にはcrypt関数を使用します。crypt関数は2文字受け取り、それを元に暗号化します。(3文字目以降は無視されます)

[Apache]

MIMEの設定


MIMEの設定ファイルは通常TypesConfigにて指定されています。このディレクティブで指定されたファイルにかかれていない設定はAddTypeにて追記することができます。