[Linux] => [シェルスクリプト]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

シェルの組み込みコマンドであるコロンひとつのヌルコマンド(:)は常に戻り値が0の値を返します。このコマンドは無限ループを意図的に作る場合などに使用されます。以下の例ではmailqコマンドをCtrl+Cが押されるまで一秒ごとに実行します。(コロンの代わりにtrueとも書けます)


while :; do mailq; sleep 5; done;


※その他の組み込みコマンドはhelpで見ることができます。
help コマンド名 でそのコマンドの詳細がみれます。



関連記事
read - 変数の読み込み
シェルスクリプトのデバッグ
ヒアドキュメント
set - シェル変数の一覧を表示
for文
$@ - シェルスクリプトに渡されたすべての引数
dirname - ファイルパスからディレクトリを取り出し
シェルスクリプトにおける演算
変数に格納された文字数
$0 - 実行しているシェルスクリプトのパス
while文
文字列比較演算子
if文
数値比較演算子
echoで改行しない
$# - 引数の個数
basename - パス名からファイル名の取り出し
readonly - 変数の保護
ヌルコマンドによる無限ループ
複数のコマンドの結果を同一ファイルに出力
case文
sourceコマンド (ピリオド)
$# - シェルに渡された引数の個数
killproc関数
$? - 最後に実行したコマンドのexit値
testコマンド
広告