[Linux] => [シェルスクリプト]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

ヒアドキュメントを使用すれば長い文字列を簡単に出力することができます。以下の例ではコマンドブロックを使用してファイルに文字列を出力しています。


[使用例]

{
cat << EOF
#!/bin/sh

/usr/local/bin/cvsup -g -L 2 /usr/local/etc/cvsup/ports-supfile

EOF
} > test



関連記事
read - 変数の読み込み
シェルスクリプトのデバッグ
ヒアドキュメント
set - シェル変数の一覧を表示
for文
$@ - シェルスクリプトに渡されたすべての引数
dirname - ファイルパスからディレクトリを取り出し
シェルスクリプトにおける演算
変数に格納された文字数
$0 - 実行しているシェルスクリプトのパス
while文
文字列比較演算子
if文
数値比較演算子
echoで改行しない
$# - 引数の個数
basename - パス名からファイル名の取り出し
readonly - 変数の保護
ヌルコマンドによる無限ループ
複数のコマンドの結果を同一ファイルに出力
case文
sourceコマンド (ピリオド)
$# - シェルに渡された引数の個数
killproc関数
$? - 最後に実行したコマンドのexit値
testコマンド
広告