[Linux] => [シェルスクリプト]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

シェル変数の一覧を表示するにはsetコマンドを用います。


[testuser@www ~]$ set
BASH=/bin/bash
BASH_ARGC=()
BASH_ARGV=()
BASH_LINENO=()
BASH_SOURCE=()
BASH_VERSINFO=([0]="3" [1]="00" [2]="15" [3]="1" [4]="release" [5]="i386-redhat-linux-gnu")
BASH_VERSION='3.00.15(1)-release'
COLORS=/etc/DIR_COLORS
COLUMNS=172
DIRSTACK=()
EUID=500
GROUPS=()
G_BROKEN_FILENAMES=1
HISTFILE=/home/testuser/.bash_history
HISTFILESIZE=1000
HISTSIZE=1000
HOME=/home/testuser
HOSTNAME=www.example.com
HOSTTYPE=i386
IFS=$' \t\n'
INPUTRC=/etc/inputrc
KDEDIR=/usr
LANG=ja_JP.UTF-8


[以下省略]



関連記事
read - 変数の読み込み
シェルスクリプトのデバッグ
ヒアドキュメント
set - シェル変数の一覧を表示
for文
$@ - シェルスクリプトに渡されたすべての引数
dirname - ファイルパスからディレクトリを取り出し
シェルスクリプトにおける演算
変数に格納された文字数
$0 - 実行しているシェルスクリプトのパス
while文
文字列比較演算子
if文
数値比較演算子
echoで改行しない
$# - 引数の個数
basename - パス名からファイル名の取り出し
readonly - 変数の保護
ヌルコマンドによる無限ループ
複数のコマンドの結果を同一ファイルに出力
case文
sourceコマンド (ピリオド)
$# - シェルに渡された引数の個数
killproc関数
$? - 最後に実行したコマンドのexit値
testコマンド
広告