[Linux] => [ネットワーク設定]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

CHAP及びPAPはPPP接続の際に使用される認証方式である。CHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)ではサーバとクライアント間でパスワード情報は暗号化されるが、PAPは暗号化されずに平文でパスワードがネットワークに流れます。それぞれのパスワードファイルは通常それぞれ、/etc/ppp/chap-secrets、/etc/ppp/pap-secretsに格納されている。



関連記事
ipv6を無効にする
ネットワークインターフェースの設定
netstat時にでるwarning, got duplicate tcp line.
gateway 169.254.0.0
Bad TCP checksum
/etc/sysconfig/network - ホスト名やゲートウェイの設定
仮想インターフェースの作成
/etc/resolv.conf - DNSサーバの設定
デフォルトゲートウェイの追加と削除
PPPOE接続
CHAPとPAPの違い
広告