[FreeBSD]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

FreeBSDにおいてlocateコマンドで使用されるデータベースをアップデートするには以下のようにします。Linuxで使用されるupdatedbというコマンドはありません。


echo /usr/libexec/locate.updatedb |su -fm nobody


ちなみに一般ユーザでこのスクリプトを実行使用とすると怒られます。このスクリプトは/etc/periodic/weekly/310.updateにて週に一度実行されます。



関連記事
portinstallによるパッケージのインストール
portauditを無効にするには
newsyslog
ipfilterの設定確認
kldunload
portsnap - portsツリーの更新
qmailadminでメーリングリストの作成ができない
portaudit - 脆弱性のあるパッケージ一覧
portupgrade - パッケージのアップグレード
FreeBSDでsendmailが起動しない
.forwardからprocmailの呼び出し
User *** doesn't have a valid shell for mailing to programs
pwd_mkdb: warning, unknown root shell
日本語環境の設定
portinstall時のconfigureオプション
tcshの補完機能
tcshのプロンプト表示
perl-after-upgrade
ユーザの追加
/stand/sysinstall
rc.confのエラーで起動できない
qmail+vpopmail+qmailadminのインストール手順(FreeBSD)
グループの追加と削除
sockstat - オープン状態のソケット一覧を表示
FreeBSD - バーチャルインターフェースの設定
MRTGによるシステム監視
Sendmailがローカル以外の接続を受け付けない
webminのインストール
portinstall時のログ
FreeBSD - apacheのインストール
FreeBSD - portの検索(make search key)
FreeBSD - portsのアップデート
FreeBSD - SSHへのパスワードログインができない
FreeBSD - サービスの起動スクリプト
FreeBSD - qmailの起動スクリプト
FreeBSD - /etc/rc.conf
FreeBSDにおけるupdatedbコマンド
pkg_add - アプリケーションの追加
portsによるインストール
.inputrc - teratermで日本語入力ができない場合
FreeBSDでサーバのスペックを調べるには
広告