.forwardからprocmailの呼び出し


Linuxでは通常インストールされているprocmailですが、FreeBSDではデフォルトでインストールされていません。そのため、ローカル配送もprocmailになっていないので、通常.forwardファイルから以下のようにしてprocmailを呼び出します。

.inputrc - teratermで日本語入力ができない場合


teratermなどで日本語が入力できない場合、ホームディレクトリに.inputrcファイルを作成し、以下の三行を付け加えてください。

/stand/sysinstall


/stand/sysinstallでインストール時のメニュー画面を出すことができます。

FreeBSD - /etc/rc.conf


/etc/rc.confにはサーバのホスト名やデフォルトゲートウェイの情報などが書かれています。

FreeBSD - SSHへのパスワードログインができない


FreeBSDのデフォルトの設定では、PasswordAuthenticationがnoになっています。これをyesにした上でSSHを再起動すればパスワードでのログインが可能になります。

FreeBSD - apacheのインストール


FreeBSDにおけるapacheのインストール手順。

FreeBSD - portsのアップデート


portsのアップデートにはcvsupを使用します。まずcvsupをインストールします。

FreeBSD - portの検索(make search key)


portsでインストールしたいプログラムがどこにあるかを探すにはmake search key=プログラム名とします。

FreeBSD - qmailの起動スクリプト


FreeBSD用のqmail起動スクリプトサンプルです。 (qmail+vpopmail) /var/qmail/rcは /var/qmail/boot/maildirをコピーしたものを使用。

FreeBSD - サービスの起動スクリプト


FreeBSDのシステム起動時におけるサービスの立ち上げは/etc/rc.confにて指定します。

FreeBSD - バーチャルインターフェースの設定


FreeBSDでバーチャルインターフェースを設定するにはifconfigコマンドを使用して以下のようにします。

FreeBSDでsendmailが起動しない


FreeBSDでSendmailが起動しない場合、/etc/rc.confでsendmail_enableがYESにされていないか、/etc/mail/mailer.confが代わっている可能性がある。

FreeBSDでサーバのスペックを調べるには


FreeBSDでサーバのスペックを調べるにはsysctlコマンドを使用すればよい。

FreeBSDにおけるupdatedbコマンド


FreeBSDにおいてlocateコマンドで使用されるデータベースをアップデートするには以下のようにします。Linuxで使用されるupdatedbというコマンドはありません。

MRTGによるシステム監視


SNMPとMRTGを使用することでシステムの様々な値を取得して、グラフ化することが可能です。SNMPがインストールされていない場合にはまずそちらからインストールしてください。

Sendmailがローカル以外の接続を受け付けない


FreeBSDでは/etc/rc.confに以下の二行を明示的に入れないと、Sendmailはローカル以外の接続を受け付けません。

User *** doesn't have a valid shell for mailing to programs


.forwardでprocmailへパイプしようとして以下のようなメッセージが出る場合、該当ユーザのシェルが/etc/shellsに記載されていません。

ipfilterの設定確認


ipfilterの設定を確認するにはipfstatコマンドを使用すればよい。

kldunload


kldunloadはカーネルに読み込まれたモジュールをunloadします。

newsyslog


FreeBSDにはデフォルトでログのロテート処理のためnewsyslogがインストールされています。newsyslogの設定ファイルは/etc/newsyslog.confになります。各設定項目は以下の通り。

perl-after-upgrade


perl-after-upgradeはperlに依存しているパッケージ情報を表示するためのコマンドで、-fオプションをつけることで、依存情報の修正を行ってくれます。

pkg_add - アプリケーションの追加


FreeBSDでアプリケーションをインストールする方法の一つにpkg_addがあります。

portaudit - 脆弱性のあるパッケージ一覧


portauditコマンドで、セキュリティに問題のあるパッケージ一覧が表示できます。

portauditを無効にするには


portauditを無効にして強制的にインストールするにはDISABLE_VULNERABILITIES=yesのパラメータを渡せばよい。

portinstallによるパッケージのインストール


portinstallにてパッケージをインストールすればパッケージの依存関係をみて必要なパッケージがあれば一緒にインストールしてくれます。

portinstall時のconfigureオプション


portinstall時にconfigureのオプションを渡したい場合、pkgtools.confのMAKE{}部分に記述します。

portinstall時のログ


portinstall時のログはpkgtools.conf内にて指定します。たとえば以下のような記述があった場合、ログは/var/log/ports 以下に保存されています。

portsnap - portsツリーの更新


pFreeBSDの6からはCVSupの代わりにportsnapにてportsツリーを更新します。portsnapの設定ファイルは/etc/portsnap.confにあります。

portsによるインストール


FreeBSDでアプリケーションをインストールする方法の一つにportsがあります。portsはソースアーカイブをダウンロードからコンパイル、インストールまでをすべて自動で行ってくれます。

portupgrade - パッケージのアップグレード


portupgradeはインストールされたパッケージのアップグレードを行うためのコマンドです。

pwd_mkdb: warning, unknown root shell


パスワードの変更をしようとした際に、以下のようなメッセージがでる場合、/etc/shellsにログインシェルが正しく記述されていない可能性があります。

qmail+vpopmail+qmailadminのインストール手順(FreeBSD)


qmail+vpopmail+qmailadminのインストール手順(FreeBSD)です。

qmailadminでメーリングリストの作成ができない


qmailadminでメーリングリストの作成ができない場合、ezmlの設定ファイルがないことが考えられる。

rc.confのエラーで起動できない


起動時にrc.confが間違っていると以下のようなエラーがでてシステムが起動できないことがあります。

sockstat - オープン状態のソケット一覧を表示


sockstatコマンドで現在オープンになっているソケットの一覧を見る事ができます。

tcshのプロンプト表示


tcshにおけるプロンプト表示はset promptにて変更できます。.cshrcに記述するとよいでしょう。

tcshの補完機能


tschの補完機能はcompleteでカスタマイズすることが可能です。たとえばディレクトリのみをcdコマンドの補完候補にするには以下のようにすればよい。

webminのインストール


webminとはウェブのインターフェースからサーバの管理をするためのツールです。以下portinstallによるセットアップ方法。

グループの追加と削除


FreeBSDでグループの追加や削除を行うにはpwコマンドを使用します。

ユーザの追加


ユーザの追加は対話形式のadduserコマンドを使用するか、pwコマンドを使用します。

日本語環境の設定


FreeBSDに入っているviやpagerでは正しく日本語を表示できないので、jvimやjlessを入れるとよい。