[FreeBSD]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

SNMPとMRTGを使用することでシステムの様々な値を取得して、グラフ化することが可能です。SNMPがインストールされていない場合にはまずそちらからインストールしてください。


portinstallにてMRTGのインストール

cd /usr/ports
portinstall net-mgmt/mrtg


mrtg.cfgの作成

cfgmaker コミュニティ名@ホスト名 > /usr/local/etc/mrtg/mrtg.cfg


mrtg.cfgの編集してロードアベレージとメモリの情報を出力するようにします。
ロードアベレージは実際の値を整数にしたものを使用。
LOCALにはコミュニティ名。localhostにはホスト名を記述してください


まず出力先の設定

WorkDir: /usr/local/www/data/mrtg


次に以下の3行を追加

Language: eucjp
RunAsDaemon: Yes
Interval: 5


###Load Average###
Target[load]: .1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.1&.1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.2:LOCAL@localhost
MaxBytes[load]: 100
Options[load]: nopercent,integer,gauge,absolute,withzeroes,growright
YLegend[load]: Load Average (%)
Legend1[load]: The 1 minute load averages as an integer.
Legend2[load]: The 5 minute load averages as an integer.
LegendI[load]: 1min
LegendO[load]: 5min
ShortLegend[load]: %
Unscaled[load]: wmy
Title[load]: Load Average
PageTop[load]: <H1>Load Average</H1>


###Available Memory###
#MaxBytes1には実メモリの容量を、MaxBytes2にはスワップメモリの容量を記述してください
Target[memory]: .1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0&.1.3.6.1.4.1.2021.4.4.0:LOCAL@localhost
MaxBytes1[memory]: 458684
MaxBytes2[memory]: 2097792
Unscaled[memory]: dwmy
Options[memory]: gauge, absolute, noinfo
YLegend[memory]: Free Memory (Bytes)
ShortLegend[memory]: Bytes
kilo[memory]: 1024
KMG[memory]: k,M,G,T,P
Legend1[memory]: Physical Memory
Legend2[memory]: Swap Memory
LegendI[memory]: Available Physical
LegendO[memory]: Available Swap
Title[memory]: Available Memory
PageTop[memory]: <H1>Available Memory</H1>


###Available Disk###
Target[disk1]: .1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1&.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1:LOCAL@localhost
MaxBytes[disk1]: 100
Unscaled[disk1]: dwmy
Options[disk1]: gauge,absolute,nopercent,noinfo
YLegend[disk1]: ディスク使用率(%)
ShortLegend[disk1]: (%)
LegendI[disk1]: ディスク使用率(/)
LegendO[disk1]: ディスク使用率(/)
Legend1[disk1]: ディスク使用率(/)
Legend2[disk1]: ディスク使用率(/)
Title[disk1]: ディスク使用率(/)
PageTop[disk1]: <H1>ディスク使用率: / </H1>


#mrtgをデーモンにて起動

/usr/local/bin/mrtg --user username --group groupname /usr/local/etc/mrtg/mrtg.cfg --logging /var/log/mrtg.log


[参考]
エンタープライズ: - 第6回:SNMPによるネットワークモニタリング
MRTGのオプション
MRTGでCPU、メモリ、ディスクの情報をグラフ化〜マロンくん.NET〜



関連記事
portinstallによるパッケージのインストール
portauditを無効にするには
newsyslog
ipfilterの設定確認
kldunload
portsnap - portsツリーの更新
qmailadminでメーリングリストの作成ができない
portaudit - 脆弱性のあるパッケージ一覧
portupgrade - パッケージのアップグレード
FreeBSDでsendmailが起動しない
.forwardからprocmailの呼び出し
User *** doesn't have a valid shell for mailing to programs
pwd_mkdb: warning, unknown root shell
日本語環境の設定
portinstall時のconfigureオプション
tcshの補完機能
tcshのプロンプト表示
perl-after-upgrade
ユーザの追加
/stand/sysinstall
rc.confのエラーで起動できない
qmail+vpopmail+qmailadminのインストール手順(FreeBSD)
グループの追加と削除
sockstat - オープン状態のソケット一覧を表示
FreeBSD - バーチャルインターフェースの設定
MRTGによるシステム監視
Sendmailがローカル以外の接続を受け付けない
webminのインストール
portinstall時のログ
FreeBSD - apacheのインストール
FreeBSD - portの検索(make search key)
FreeBSD - portsのアップデート
FreeBSD - SSHへのパスワードログインができない
FreeBSD - サービスの起動スクリプト
FreeBSD - qmailの起動スクリプト
FreeBSD - /etc/rc.conf
FreeBSDにおけるupdatedbコマンド
pkg_add - アプリケーションの追加
portsによるインストール
.inputrc - teratermで日本語入力ができない場合
FreeBSDでサーバのスペックを調べるには
広告