.bash_profile - bashの環境変数設定ファイル


.bash_profile はログイン直後に自動的に読み込まれる設定ファイルで、bashの環境変数などが設定されています。また通常このファイル内から.bashrcファイルがsourceコマンドにて読み込まれます。

/etc/fstab - ファイルシステム情報の設定


/etc/fstabにはパーティションやデバイスをどのようにマウントするかを記述します。

/etc/ld.so.conf 共有ライブラリの検索パス


/etc/ld.so.confには共有ライブラリを検索するディレクトリを記述します。

/etc/sysconfig/i18n - 言語設定ファイル


言語設定ファイルは/etc/sysconfig/i18nになります。ここのLANGに記述されている言語がデフォルトになる。.bash_profileでユーザごとに設定することも可能

ATOKのインストール


RHES4にATOKをインストールする場合、以下のようにシンボリックリンクを作成しておかないと"gtk-query-immodules-2.0 is not installed"や"gtk.immodules is not found"といったエラーがでます。

Bind - lame server resolving をログから消すには


IPアドレスからホスト名を逆引きできなかった場合に出力される「lame server resolving …」というログを出力しないように設定するにはnamed.confに以下のように記述すればよい。

Bind - リモートサーバにあるbindのバージョンを調べるには


ローカルサーバにインストールされているbindのバージョンを調べるにはnamed -vとすればよいのですが、リモートサーバにあるbindのバージョンを調べたい場合はdigもしくはnslookupを使用します。

CRコードの除去


行末に表示される^MはWindowsの改行コードで使われるCRコードである。これを削除するには以下のようにtrコマンドを使用します。

Courier-IMAP


courier-imapはRPMを作成してインストールした方が手っ取り早い。courier-imapをインストールする前に必要となるCourier Authentication Library (http://www.courier-mta.org/authlib/)からインストールしていきます。以下CentOS4.2での作業メモ。

Cron - プログラムの定期実行


特定の時間に特定のプログラムやコマンドを実行させるにはCronを使用します。Cronの設定ファイルは/etc/crontabにあり、以下のような書式になります。

DHCPサーバの設定


ネットワーク上のクライアントにアドレス情報を配布するにはDHCPサーバを立てます。DHCPサーバの設定ファイルは/etc/dhcpd.confにあります。

Fedora Coreにおけるmanの文字化け


Fedora Core ではデフォルトの文字コードがUTFになっているためmanコマンドなどが文字化けを起こします。

Gnomeでのアイコンサイズ


インストール直後のGnome設定では、デスクトップ上のアイコンが異常に大きいサイズに設定されています。この大きさを変えるには「ファイル・ブラウザ」を開いて、[編集] =>[設定]とたどり、[ズームレベル]を変更すればよい。[個人設定]の中にアイコンのサイズを変更する項目はないので以外とはまるかも・・・

IGNOREEOF - Ctrl+Dでの間違いログアウトを防ぐ


環境変数IGNOREEOFに値を設定すれば設定した回数だけCtrl+Dが無視されますので、キーの押し間違いによるログアウトを防ぐことができます。

IMAP - famdのエラーメッセージ


IMAPで以下のようなエラーが出る場合、原因としてsgi-famかportmapが起動していないことが考えられる。(sgi-famはxinetdで起動されると思います。)

MP-BIOS bug


smpカーネルを使用している場合、dmesgでMP-BIOS bugと表示されることがあります。

MTAの切り替え


RedHatではデフォルトのMTAをsendmailとpostfixから選択することができる。MTAの切り替えはシンボリックリンクを変更するためのコマンドupdate-alternativesを使用して以下のようにすればよい。

Mbox形式からMaildir形式への移行


Mbox形式からMaildir形式への移行はスクリプトを用います。qmailなどであれば/var/qmail/bin内にあるmaildir2mboxというのが使用できるかと思います。また以下のサイトで取得できるperlスクリプトでもconvertできます。

NFSのマウントオプション


NFSをマウントする際には以下のようなオプションが使用できます。特にrsizeとwsizeはデフォルトのまま用いずに8192を指定しましょう。

NFSの設定


NFSサーバを稼動させるにはまず、portmapperが動いている必要があります。

NKF 2.0.4のインストール


NKFは日本語の文字コードを変換してくれる、便利なフィルタです。NKF2.0.4からはUTF-8に対応しています。以下ソースからのインストール手順。

PHP3と4の共存


PHP3と4の共存にはconfigureするときに--enable-versioning を PHP3とPHP4の両方に付ければOK

PHPのインストール


PHPは、HTMLファイル内に記述するタイプのスクリプト言語です。

QpopperにおけるAPOPの設定


APOPはメール受信時のパスワード認証を暗号化して行うため、安全性の面で優れています。

Qpopperのtimeoutを変更するには


Timeout (120 secs) during nw read from.......  や -ERR POP timeout fromのようなメッセージが出る場合、timeout値を変更してみましょう。

Sambaアクセス時のユーザ権限の設定


sambaにアクセスした後のユーザ権限を統一したい場合にはforce userにてユーザ名を指定します。

VIRUS: Encrypted.Zip


ClamAVではパスワード付きのZIPファイルをウィルスとして見なすArchiveBlockEncryptedというオプションがある。

apopのみ許可


qpopperではデフォルトでAPOPの設定がされていないユーザに対しては通常のパスワード認証をします。APOP認証を強制するには/etc/mail/qpopper.confなどを作成し、以下の一行を記述します。

arpwatch


arpwatchはネットワーク上のIPアドレスとMACアドレスの組み合わせを監視するプログラムです。新たな組み合わせが見つかると、それらをarp.datファイルと/var/log/messageに記録するとともに、指定した管理者にメールを送ります。

at - ジョブの予約


atコマンドを使用すれば、指定した時間に特定のコマンドを実行することができます。

bashのreverse search機能


過去に入力したコマンドはCtrl+pとすれば呼び出せますがコマンド履歴が古くなるほどCtrl+pを押す回数が多くなり不便です。bashのreverse search機能を使えば、過去のコマンド履歴を検索してくれますので、簡単に実行したいコマンドを呼び出せます。

bashの操作方法


コンソールでbashを使用している時の主なキー操作を以下に簡単にまとめます。

device busy の際のumount


umountにてdevice busyになった場合、-lオプションを使用すればファイルシステムを切り離してからumountしてくれます。

fetchmail


fetchmailを使用すればリモートサーバのメールをローカルに取り込むことが可能。設定はユーザのホームディレクトリの.fetchmailrcで行う。

fml - メーリングリストへのユーザ登録と削除


メーリングリストへのユーザ追加や削除はmakefmlコマンドを使用する。

fs type nfs not supported by kernel


nfsをマウントしようとして、fs type nfs not supported by kernelというメッセージが出た場合、nfsモジュールがロードされていない可能性があります。modprobeにてモジュールをロードしてください。

ipop3d - POP3サーバ


RedHatではimapパッケージの中にPOP3が入っています。POP3サーバを稼動させるにはxinetd以下にある設定ファイルを変更すればよい。

mailコマンドで添付の送信


mailコマンドで添付ファイルを送信するには以下のようにします。

manのパスを追加


manコマンドが検索するパスは/etc/man.config内のMANPATHに記述されています。

multitail - 複数ファイルをtail


multitailコマンドを使用すれば複数のファイルをtailすることができる。tail時のウィンドウをひとつにmergeしたりすることができるので、複数のapacheログファイルなどを同時に見たいときには便利かも。デフォルトではインストールされていないため、yum等にてインストールする必要有り。

namazuでUTF8ファイルの検索


namazu自体はまだutf8には対応していないため、UTF8で検索文字列をnamazu.cgiに渡すとうまく動いてくれませんので、この文字列をEUCに一旦戻す必要があります。

namazuでエクセルファイルの検索


namazuでExcelファイルを検索するためにはxlhtmlをインストールする必要があります。

namazuで特定のディレクトリを検索対象から外す


namazuで特定のディレクトリを検索対象から外すにはmknmzの際に--excludeオプションを使用して、対象から外すディレクトリを記述すればよい。

namazuの設定


namazuとは全文検索をするためのソフトで、http://www.namazu.org/よりダウンロードできます。

ncコマンド (netcat)


ncコマンドはtcpまたはudpにてネットワーク通信を行うためのユーティリティで、通信状態の確認やポートスキャンなどに使用できます。またクライアントとしての使い方のほかにリッスンモードにて起動することにより、デーモンサービスとしても使用できる。

netfs


netfsは、システム起動時に、fstabに記述されたNFSやSambaをマウントするためのサービスです。

pdflibのインストール (Perl)


pdflibのインストールはただ単にファイルを@INC内にコピーするだけでよい。

pfxファイルの変換


IISで使用されていたサーバ証明書をLinuxなどで使用する場合、pfx形式のファイルから秘密鍵、証明書のペアをopensslコマンドにて取り出す必要があります。

pg_config.h - PHPのmakeに失敗


--with-pgsqlと指定してconfigureした場合、pg_config.hがないと言われPHPのmakeに失敗することがあります。

qpopperをstandaloneで起動


qpopperをstandaloneモードで起動するにはconfigure時に--enable-standaloneを指定する必要があります。

quotaによるディスク容量制限


ユーザやグループが使用できるディスク容量を制限するにはquotaを使用します。

rdesktop - リモートのウィンドウズサーバを操作


rdesktopがインストールされていればリモートのウィンドウズサーバを操作することが可能になります。

rhn_register - 名前またはサービスが不明です


rhn_registerやup2dateが"名前またはサービス名が不明です"というエラーメッセージで失敗する場合は、ネットワークの設定に問題がある可能性が大です。

rootのパスワードを忘れたら


rootのパスワードを忘れてしまったら、シングルユーザモードにてシステムを立ち上げてrootのパスワードを変更すればよい。

rsyncによるミラーリング


rsyncを使用すれば別サーバ上にコンテンツのコピーを作ることが可能です。使い方によってはローカルのバックアップにも利用できます。

sambaの設定


現時点で特に書くことがないため省略。testparmコマンドにて設定をチェックしましょう。

screenコマンド


screenコマンドのまとめ

ssh_exchange_identification: Connection closed by remote host


ssh_exchange_identification: Connection closed by remote host というエラーでSSHが接続できない場合、/etc/hosts.allowおよび/etc/hosts.denyの設定の可能性がある。

submission portへの対応


プロバイダーでOutbound Port25 Blockingが最近すすんでいる。これはポート25番ポートからのメール送信をできなくするものである。

syslog - ログの一括管理


syslogはリモートサーバのログを受け取ることも可能です。

telnetでのメール受信方法


telnetにて直接ポート110番につないで認証をすることで、メールを読むことができます。

timezoneの設定


表示されるtimezoneを変更するには/etc/localtimeに使用したいtimezoneまでのシンボリックリンクを張ればよい。

vncserverの設定


vncserverを使用すればリモートからvncviewerを使用してデスクトップの操作ができるようになります。

vsftpd - FTPユーザの制限


vsftpdでFTPアクセスできるユーザを限定するにはvsftpd.conf内のuserlist_deny=NOにしたのち、/etc/vsftpd.user_listにアクセスを許可するユーザ名を記述すればよい。

webalizer - VisitTimeout


VisitTimeoutでは新規訪問者としてカウントされるまでの秒数を記述します。

webalizer - 検索エンジンの設定


デフォルトの設定では日本の検索エンジンは登録されていないため、検索文字列にこれらの検索文字はひっかかりません。以下のように主要な検索エンジンを追加しておきましょう。

webalizerの日本語化


webalizerとはフリーのアクセス解析ソフトで、http://www.webalizer.comより取得できます。日本語化するにはconfigure時に--with-language=japaneseを指定します。

webminのmajordomoモジュール


webminからmajordomoのリストを作成すると、リストファイルのパーミッションがgroup writableになり、リストが機能しない場合がある。

xinetdによるサービスの起動


apacheやsendmailなどのように、常時接続のリクエストがあるサービスに関しては通常デーモンで立ちあげますが、FTPやPOPなどのように接続の要求頻度が低い場合xinetd経由で起動したほうが、システムリソースを有効に活用することができます。

yum-plugin-fastestmirror


現在centos-yumconf-4-4.4.noarch.rpm以上がインストールされているシステムではパッケージをミラーサイトの中から選ぶようになっています。またyumのプラグインであるyum-plugin-fastestmirrorを入れればもっとも近くのミラーサーバからパッケージを取得できるようになります。

キーボード割り当ての変更(Xwindows)


Xwindowsでのキー割り当ては.Xmodmapに記載すればよい。以下の例では「変換」キーをEscキーに変更している。

コマンドプロンプトの表示設定


ログイン時に表示されるコマンドプロンプトの表示形式は環境変数PS1にて指定することができます。環境変数PS1は.bashrcファイルにて設定しましょう。通常Linuxインストール直後の環境変数PS1の値は以下のようになっています。

コンソールの設定


Linuxでのコンソール設定方法。

サポートされているシグナルの種類


システムでサポートされているシグナル(Ctrl+Cなど)の一覧を確認するにはstty -aとします。

サービスの起動と停止


Linuxでサービスを起動したり停止したりするには、/etc/rc.d/init.d/以下に用意されているスクリプトを使用するのが最も手っ取り早く、簡単です。

システム起動時にプログラムを立ち上げるには


システム起動時にプログラムを立ち上げたりコマンドを実行るには/etc/rc.localすればよい。例えばシステム起動時にntpサーバとの時間の同期を取るには以下のようにします。

シングルモードでの起動方法


GRUBがインストールされているマシンで、シングルモードにてシステムを立ち上げる場合、GUIが表示された時点で矢印カーソルで起動するカーネルを選択しeボタンを押します。

ジョブの一時停止


ctrl+z で現在のジョブを一時停止させることができます。

ターミナルがフリーズした場合の対処法 - ctrl+q


SSHなどで接続している際に、突然ターミナルがフリーズしたようになるときがあります。原因としてctrl+sを間違って押してしまい、スクロールロックがかかっていることが多いので、ctrl+qと押してみて、ロックを解除してみましょう。

テープの操作


テープデバイスの主な操作方法。

テープデバイスによるバックアップ


テープデバイスへのバックアップにはtarコマンドを使用します。

ハードディスクの増設方法


ハードディスクの増設方法。

バックアップスクリプト


ディスクのバックアップを取るにはtarを使用すると便利である。tarにはnewerというオプションがあり、これで差分バックアップを取ることが可能。

バックグラウンドでジョブを実行するには


ジョブをバックグランドで実行するには、実行するコマンドの最後に&をつければよい。

ファイル名がハイフンから始まるファイルの削除


以下のようにファイル名がハイフンから始まるファイルは、ハイフンがオプションとみなされてしまい削除できません。

フォントの追加


Linuxで初期にインストールされているフォントでは物足りないという場合は新たにフォントを追加しましょう。

ユーザアカウントをロックするには


passwd コマンドに-l オプションを付ければユーザのアカウントをロックすることが可能。

ランレベルの変更


デフォルトのランレベルを変更するには/etc/inittabを変更すればよい

ワークスペースの切り替え


GUIでLinuxを起動している際、ワークスペースの移動というのがあるが、Ctrl+Alt+矢印キーでワークスペースの切り替えが可能です。

仮想コンソール


起動時に立ち上げる仮想コンソールの設定は/etc/inittab内に定義されています。この起動数を減らすことでメモリをセーブすることが可能です。

標準エラーのリダリレクト


標準エラーのリダイレクトは 2> とすればよい。標準出力とエラーの両方をリダイレクトするには &> を使用するとよい。2>&1はエラーの出力を標準出力にリダイレクトします。