passwd - ユーザパスワードの変更


システムユーザのパスワードを変更するにはpasswdコマンドを使用します。標準入力(STDIN)からパスワードの設定をするには--stdinオプションが使用できます。

repquota - quota情報の一覧表示


repquotaはquota情報を一覧表示するためのコマンドです。repquot...

rmdir - ディレクトリの削除


ディレクトリを削除するにはrmdirコマンドを使用します。ただし削除するディレクトリ内にファイルが存在する場合は先にディレクトリ内のファイルを削除する必要があります。

rpcinfo - RPCサービスの一覧を表示


rpcinfoはシステムで提供されているRPCサービスの一覧を表示するコマンドです。

rpm - RPMパッケージの操作


rpmコマンドはrpmパッケージを管理するためのコマンドです。

rpmbuild - RPMを作成


RPMを作成するにはrpmbuildコマンドを使用します。

runlevel - 現在のランレベルを表示


runlevel コマンドは現在のランレベルと最後のランレベルを表示してくれます。

sar - 10分毎のシステム稼動状況を表示


sysstatパッケージがインストールされていればsar コマンドで10分毎のシステム稼動状況レポートを見る事ができます。

saslpasswd - saslデータベースへのユーザ登録


saslpasswdは/etc/sasldbデータベースへのユーザ登録や削除を行...

saslpasswd2 - saslデータベースへのユーザ登録


saslpasswd2の使用方法は基本的にはsaslpasswdと同じです。ただユーザが登録されるデータベースは/etc/sasldb2になります。

scp - ファイル転送コマンド


scpコマンドはファイルをSSHで暗号化した上で転送してくれるコマンドです。ロー...

script - 入力コマンドやその出力結果をログに記録


scriptコマンドを使用すればコンソールへの出力をログに記録してくれます。アプリケーションのインストールの際の手順などを後から見直す際などに重宝します。

sed - ストリーミングエディタ


sedコマンドは置換などに使用されます。

seq - シーケンス番号の表示


seqコマンドはシェルスクリプト内などのインクリメント処理に使用されるコマンドです。

service - サービスの起動と停止


serviceコマンドは/etc/rc.d/init.d 以下のスクリプトを実行するだけのコマンドですが、/etc/から入力する必要がなくなるので、結構便利です。

setenv - 環境変数設定


tcsh及びcshを使用している場合、環境変数の設定はsetenvコマンドを使用します。

setquota - コマンドラインでquotaを設定


setquotaコマンドはコマンドラインからquotaを設定するためのコマンドです。他にquotaを設定するためのコマンドに、edquotaがあります。

shasum - メッセージダイジェストの生成及びチェック


shasumはsha1及びsha2のメッセージダイジェスト(ハッシュ値)の計算及びチェックをするためのコマンドである。

showmount - NFSサーバのマウント情報の表示


showmountコマンドはNFSサーバの情報を調べるためのコマンドです。

smbmount - ファイル共有


smbmountはサーバとのファイル共有に使用されます。主にLinuxとWindows間のファイル共有に使用されますが、Linux同士での使用も可能です。

smbpasswd - samba パスワードの変更


sambaのパスワードを変更するにはsmbpasswdコマンドを使用します。

smbstatus - sambaのステータスをチェック


smbstatusコマンドはsambaサーバのステータスをチェックするためのコマンドです。このコマンドでsambaのバージョンや、設定ファイルの確認などができます。

snmpconf - snmpd.confの作成


snmpconfはsnmpd.confを対話的に作成するためのコマンドです。ファイルはカレントディレクトリに作成されます。

snmpwalk - MIBツリーの値を順次取得


snmpwalkはMIBツリーの値を順次取得し表示するためのコマンドです。

sort


sortコマンドにてファイルのソートができます。

ssh-keygen - SSH鍵の作成及び管理


ssh-keygenはSSH鍵の作成及びパスワードの変更などを行うコマンドである。

stat - ファイルのステータスを表示


statコマンドはファイルの最終更新日など、ファイルのステータスを表示するコマンドです。

su - ユーザの切り替え


ユーザの切り替えはsuコマンドにて行います。

sync ディスクキャッシュの強制書き出し


sync コマンドはメモリ上のデータを強制的にディスクに書き出すコマンドです。...

sysctl - カーネルパラメータの設定


sysctlコマンドは/procファイルシステムのカーネルパラメータを変更する際に使用されます。

tac - ファイルの内容を逆順に表示


catコマンドがファイルの先頭から表示するのに対し、tacコマンドは末尾から逆順に 表示してくれるコマンドになります。

tail - ファイルの終わりを表示


tailコマンドはファイルの終わり10行を表示するためのコマンドです。-fオプシ...

tar - アーカイブを作成


tar コマンドはファイルのアーカイブを作成したりするためのコマンドです。(複数のファイルをひとつのファイルにまとめたり、展開したりします)

tcpdump - ネットワークを流れるトラフィックのチェック


tcpdumpコマンドはネットワーク上のトラフィックを調べる際に使用されます。

time - コマンドの実行時間を計測


timeコマンドは、次に続くコマンドの実行時間を計測します。

top - 現在のシステムの状況を表示


topコマンドを使用すれば現在の負荷、アップタイムなどの情報を見れる。 [shi...

touch - ファイルのタイムスタンプを変更


touchコマンドはファイルのタイムスタンプを変更する際に使用されます。また空のファイルを作成する際にも使われます。

tree - ツリー形式にてファイルを表示


treeコマンドはファイルやディレクトリの一覧をツリー形式にて表示してくれるコマンドです。

type - コマンドの種類を表示


typeコマンドはシェルの組み込みコマンドで、コマンドの種類を表示します。

ulimit - システムリソースを制限する


ulimitコマンドはシェル(bash)が使用できるシステムリソースを制限します。

umask - マスク値の設定


新たに作成されるファイルやディレクトリのパーミッションは、マスク値によって決定さ...

uname - システム情報を表示


uname コマンドはカーネルバージョンなどの情報を含むシステム情報を表示します。

unexpand - ファイル中のスペースをタブに変換


unexpandコマンドはexpandコマンドの逆で、ファイル中のスペースをタブ...

unset - シェル変数の削除


unsetコマンドは定義されたシェル変数を削除するためのコマンドです。 [例: ...

up2date - パッケージ管理コマンド


up2dateはRHESにて使用されるパッケージ管理コマンドである。このコマンドを使用すればパッケージのアップデートやインストールなどが行えます。

updatedb - locateコマンドで使用するデータベースの更新


updatedbコマンドはファイル検索コマンドであるlocateが使用するインデックスを更新します。

useradd - ユーザの追加


useraddコマンドを使えばシステムにユーザを追加できます。

userdel - ユーザの削除


userdelコマンドでユーザを削除することができる。通常-rオプションを使用し...

vacation - 自動返信メールの送信


vacationコマンドを使用すればメール送信者に自動返信メールを送ることができます。

vipw - パスワードファイルを編集する


/etc/passwd や /etc/shadow などのパスワードファイルを何...

visudo - sudo設定ファイルの編集


visudoはsudoの設定ファイル/etc/sudoersを安全に編集するため...

vmstat - プロセスなどの稼動状況のレポート


vmstatはシステムの稼動状況を定期的にレポートするためのコマンドです。

wc - ファイルの行数、単語数、サイズを調べる


ファイルの行数や単語数を調べるにはwcコマンドを使用します。

wget - ファイルをダウンロード


多分もっとも頻繁に使用するダウンロードコマンド。HTTPやFTPに対応 wget...

whereis - コマンドのパスを調べる


指定したコマンドの実行形式ファイル、ソースファイル、マニュアルファイルが格納されているパスを検索して表示します。

whois - ドメインの登録情報を見るには


whoisコマンドをしようすればドメインの登録情報を調べることができます。

write - ログインしている他のユーザにメッセージを送る


write コマンドを使えばログインしている他のユーザにメッセージを送ることがで...

xvidtune - X Windowsの画面調整


X Windowsの表示画面の位置を調整するにはxvidtuneコマンドを使用します。新しい設定は自動で保存されないため注意が必要。

yum - パッケージのアップデート


yumはパッケージのアップデートをするためのコマンドです。

zip/unzip - zipファイルの圧縮・解凍


zipはwindowsでよく使われる圧縮形式ですが、Linux上で圧縮・解凍を行うにはzipコマンド(圧縮)、unzipコマンド(解凍)を使用します。