[Linux] => [Linuxコマンド(A〜I)]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

ethernetで強制的にduplexモードやautonegotiationを切り替えるにはethtoolコマンドを使用します。またこのコマンドはリンク速度の変更にも使用されます。


[使用例]
#デバイスeth0のautonegotiationをoffにする
ethtool -s eth0 autoneg off


#デバイスeth0のduplexをfullにする
ethtool -s eth0 duplex full


#デバイスeth0のspeedを1000(Giga)にする
ethtool -s eth0 speed 1000


再起動しても設定が反映されるようにするにはネットワークの設定ファイルにETHTOOL_OPTS行を追加して記述すればよい。


[例]
[/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0]


DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
IPADDR=***.***.***.***
NETMASK=255.255.255.0
ONBOOT=yes
ETHTOOL_OPTS="autoneg off speed 100 duplex full"
TYPE=Ethernet


[関連記事]
ネットワークインターフェースの設定



関連記事
gpasswd - 既存グループへのユーザの追加
identify - 画像情報の表示
dmidecode - ハードウェア構成情報
iconv - 文字コードの変換
dircolors - lsコマンドのカラー設定
indexmaker - MRTGのインデックスページの作成
chkconfig - init.dスクリプトの追加
ethtool - リンク速度やduplexモード、autonegotiationの設定変更
awk - 特定フィールドの取り出し
chmod - ファイルのパーミッションを変更
grpck - グループファイルのチェック
groupdel - グループの削除
edquota - quotaの編集
finger - ユーザ情報を表示
arp - ARPテーブルの表示・設定
fsck - ディスクの検査と修復
expand - ファイル内のタブをスペースへの変換
dirs - ディレクトリスタックの表示
convert - 画像のサムネイルを作成
env - 環境変数を設定してコマンドを実行
export - 環境変数の設定
grep - 文字列の検索
digコマンド - DNS情報を調べるには
apropos - whatisデータベースの文字列検索
hwclock - ハードウェアクロックの設定
id - ユーザのUIDやGIDを表示
alias - エイリアスの作成
chage - パスワードの有効期限を設定
iptables-restore - iptablesの設定を復元する
iptables-save - iptablesの設定を保存する
df - ディスクの使用量を調べる
cat - ファイルの表示・連結
head - ファイルの先頭部分を表示
diff - ファイルの違いを調べる
cal - カレンダーを表示
chown - ファイルの所有者を変更
fuser - ポートを使用しているプロセスIDを調べる
hostname - ホスト名の設定
hdparm - ディスクパラメータの表示と設定
fdformat - フロッピーのフォーマット
find - ファイル検索コマンド
du - ディスクの使用量を調べる
dd - ファイルのコピーやイメージの作成
date - 日時の表示と設定
cut - 特定のフィールドを切り出して表示
chsh - デフォルトシェルの変更
広告