[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

lhaコマンドはwindowsで使用されるlzhファイルの圧縮・解凍をするためのコマンドです。圧縮するには-aオプションを、解凍するには-eオプションを渡します。


[使用例]
#ファイルの解凍

lha -e ./filename.lzh


#ファイルの圧縮

lha -a ./filename.lzh file1 file2



関連記事
lastcomm - コマンドの実行履歴を参照
pearコマンド
lspci - デバイス一覧を表示
lha - lzh形式ファイルの圧縮・解凍
mknod - 特殊ファイルの作成
md5sum - MD5メッセージダイジェストのチェック
lynx - テキストベースブラウザ
popauth - APOPユーザの設定
pwunconv - シャドウパスワードの非シャドウ化
ldd - コマンドがリンクしているライブラリの表示
quotacheck - quotaファイルのチェックと修復
newaliases - エイリアスファイルの再構築
lwp-request - コマンドラインユーザエージェント
popd - ディレクトリスタックの削除
pushd - ディレクトリスタックへの追加
lsof - ファイルを開いているプロセス情報の表示
netstat - ネットワークの情報を表示
makewhatis - whatisデータベースを生成
mpage - 複数ページを1ページにまとめて印刷
paste - ファイルを行にて連結
pidof - プログラムのプロセスIDを調べる
nslookup - IPアドレスからホスト情報を調べるには
ntsysv - サービスの起動設定
nohup - ログアウトしてもプログラムを継続させるには
pwck - パスワードファイルのチェック
locate - ファイルの高速検索
pstree - プロセス一覧をツリー形式で表示
ls - ディレクトリ内のファイル一覧を表示
mkinitrd - initrdイメージの作成
procinfo - /proc以下からシステムの状況を表示
ntpdate - ntpサーバとの時間の同期
nl - 行番号を付ける
mount - ファイルシステムのマウント
モジュール関連コマンド - lsmod insmod modprobe depmod rmmod
mkpasswd - パスワード自動生成コマンド
ln - リンクの作成
mkbootdisk - ブートディスクの作成
広告