[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

lspciコマンドはシステムのPCIバスに接続されているデバイス一覧を表示するためのコマンドです。


[主なオプション]
-v 詳細モード
-t ツリー形式にて表示


[使用例]

$ lspci
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation 82810E DC-133 GMCH [Graphics Memory Controller Hub] (rev 03)
00:01.0 VGA compatible controller: Intel Corporation 82810E DC-133 CGC [Chipset Graphics Controller] (rev 03)
00:1e.0 PCI bridge: Intel Corporation 82801 PCI Bridge (rev 05)
00:1f.0 ISA bridge: Intel Corporation 82801BA ISA Bridge (LPC) (rev 05)
00:1f.1 IDE interface: Intel Corporation 82801BA IDE U100 (rev 05)
00:1f.2 USB Controller: Intel Corporation 82801BA/BAM USB (Hub #1) (rev 05)
00:1f.3 SMBus: Intel Corporation 82801BA/BAM SMBus (rev 05)
00:1f.4 USB Controller: Intel Corporation 82801BA/BAM USB (Hub #2) (rev 05)
00:1f.5 Multimedia audio controller: Intel Corporation 82801BA/BAM AC'97 Audio (rev 05)
01:08.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82801BA/BAM/CA/CAM Ethernet Controller (rev 03)
01:0a.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL-8139/8139C/8139C+ (rev 10)



関連記事
lastcomm - コマンドの実行履歴を参照
pearコマンド
lspci - デバイス一覧を表示
lha - lzh形式ファイルの圧縮・解凍
mknod - 特殊ファイルの作成
md5sum - MD5メッセージダイジェストのチェック
lynx - テキストベースブラウザ
popauth - APOPユーザの設定
pwunconv - シャドウパスワードの非シャドウ化
ldd - コマンドがリンクしているライブラリの表示
quotacheck - quotaファイルのチェックと修復
newaliases - エイリアスファイルの再構築
lwp-request - コマンドラインユーザエージェント
popd - ディレクトリスタックの削除
pushd - ディレクトリスタックへの追加
lsof - ファイルを開いているプロセス情報の表示
netstat - ネットワークの情報を表示
makewhatis - whatisデータベースを生成
mpage - 複数ページを1ページにまとめて印刷
paste - ファイルを行にて連結
pidof - プログラムのプロセスIDを調べる
nslookup - IPアドレスからホスト情報を調べるには
ntsysv - サービスの起動設定
nohup - ログアウトしてもプログラムを継続させるには
pwck - パスワードファイルのチェック
locate - ファイルの高速検索
pstree - プロセス一覧をツリー形式で表示
ls - ディレクトリ内のファイル一覧を表示
mkinitrd - initrdイメージの作成
procinfo - /proc以下からシステムの状況を表示
ntpdate - ntpサーバとの時間の同期
nl - 行番号を付ける
mount - ファイルシステムのマウント
モジュール関連コマンド - lsmod insmod modprobe depmod rmmod
mkpasswd - パスワード自動生成コマンド
ln - リンクの作成
mkbootdisk - ブートディスクの作成
広告