[Linux] => [Linuxコマンド(J〜Q)]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

ntpdateコマンドはntpサーバに接続し時間の同期を行うためのコマンドです。


[使用例]

ntpdate ntp.nc.u-tokyo.ac.jp && /sbin/clock -w


上記の例ではハードウェアクロックも合わせています。システムの起動時やCronなどに追加しておくとよいでしょう。システム起動時に同期を取る場合は /etc/rc.local に記述すればよい。サーバはネットで検索をすればいろいろ情報がでるかと思います。


定期的に同期を取るには/etc/ntp.confを編集した後、ntpdをたちあげます。


# Permit all access over the loopback interface. This could
# be tightened as well, but to do so would effect some of
# the administrative functions.
restrict 127.0.0.1
restrict ntp.ksknet.net #通信を許可するサーバを追加


# --- OUR TIMESERVERS -----
server ntp.ksknet.net #同期を取るサーバ


/etc/rc.d/init.d/ntpd startとしたのち、以下のコマンドで確認ができます。


ntpq -p



関連記事
lastcomm - コマンドの実行履歴を参照
pearコマンド
lspci - デバイス一覧を表示
lha - lzh形式ファイルの圧縮・解凍
mknod - 特殊ファイルの作成
md5sum - MD5メッセージダイジェストのチェック
lynx - テキストベースブラウザ
popauth - APOPユーザの設定
pwunconv - シャドウパスワードの非シャドウ化
ldd - コマンドがリンクしているライブラリの表示
quotacheck - quotaファイルのチェックと修復
newaliases - エイリアスファイルの再構築
lwp-request - コマンドラインユーザエージェント
popd - ディレクトリスタックの削除
pushd - ディレクトリスタックへの追加
lsof - ファイルを開いているプロセス情報の表示
netstat - ネットワークの情報を表示
makewhatis - whatisデータベースを生成
mpage - 複数ページを1ページにまとめて印刷
paste - ファイルを行にて連結
pidof - プログラムのプロセスIDを調べる
nslookup - IPアドレスからホスト情報を調べるには
ntsysv - サービスの起動設定
nohup - ログアウトしてもプログラムを継続させるには
pwck - パスワードファイルのチェック
locate - ファイルの高速検索
pstree - プロセス一覧をツリー形式で表示
ls - ディレクトリ内のファイル一覧を表示
mkinitrd - initrdイメージの作成
procinfo - /proc以下からシステムの状況を表示
ntpdate - ntpサーバとの時間の同期
nl - 行番号を付ける
mount - ファイルシステムのマウント
モジュール関連コマンド - lsmod insmod modprobe depmod rmmod
mkpasswd - パスワード自動生成コマンド
ln - リンクの作成
mkbootdisk - ブートディスクの作成
広告