[Linux] => [Linuxコマンド(R〜Z)]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク
X Windowsの表示画面の位置を調整するにはxvidtuneコマンドを使用します。新しい設定は自動で保存されないため注意が必要。設定ファイルはCentOSなら/etc/X11/xorg.conf、その他のシステムでは/etc/X11/XF86Configなどになる。この中にあるMonitorセクションに以下のように記述すればよい。

Section "Monitor"
        Identifier   "Monitor0"
        VendorName   "Monitor Vendor"
        ModelName    "BenQ FP937s"
        DisplaySize  380        300
        HorizSync    31.0 - 83.0
        VertRefresh  56.0 - 76.0
        Option      "dpms"
	ModeModeline  "1280x1024"   135.00   1280 1296 1440 1688   1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync
EndSection


関連記事
shasum - メッセージダイジェストの生成及びチェック
ssh-keygen - SSH鍵の作成及び管理
rpcinfo - RPCサービスの一覧を表示
xvidtune - X Windowsの画面調整
seq - シーケンス番号の表示
tcpdump - ネットワークを流れるトラフィックのチェック
sysctl - カーネルパラメータの設定
setenv - 環境変数設定
up2date - パッケージ管理コマンド
sort
smbstatus - sambaのステータスをチェック
su - ユーザの切り替え
smbmount - ファイル共有
snmpwalk - MIBツリーの値を順次取得
snmpconf - snmpd.confの作成
passwd - ユーザパスワードの変更
vmstat - プロセスなどの稼動状況のレポート
smbpasswd - samba パスワードの変更
type - コマンドの種類を表示
saslpasswd2 - saslデータベースへのユーザ登録
umask - マスク値の設定
unset - シェル変数の削除
showmount - NFSサーバのマウント情報の表示
saslpasswd - saslデータベースへのユーザ登録
sync ディスクキャッシュの強制書き出し
visudo - sudo設定ファイルの編集
rmdir - ディレクトリの削除
updatedb - locateコマンドで使用するデータベースの更新
vacation - 自動返信メールの送信
service - サービスの起動と停止
repquota - quota情報の一覧表示
setquota - コマンドラインでquotaを設定
yum - パッケージのアップデート
scp - ファイル転送コマンド
unexpand - ファイル中のスペースをタブに変換
runlevel - 現在のランレベルを表示
time - コマンドの実行時間を計測
tree - ツリー形式にてファイルを表示
ulimit - システムリソースを制限する
uname - システム情報を表示
zip/unzip - zipファイルの圧縮・解凍
script - 入力コマンドやその出力結果をログに記録
tac - ファイルの内容を逆順に表示
write - ログインしている他のユーザにメッセージを送る
tail - ファイルの終わりを表示
whois - ドメインの登録情報を見るには
userdel - ユーザの削除
useradd - ユーザの追加
touch - ファイルのタイムスタンプを変更
vipw - パスワードファイルを編集する
sar - 10分毎のシステム稼動状況を表示
top - 現在のシステムの状況を表示
whereis - コマンドのパスを調べる
rpmbuild - RPMを作成
wget - ファイルをダウンロード
wc - ファイルの行数、単語数、サイズを調べる
tar - アーカイブを作成
stat - ファイルのステータスを表示
sed - ストリーミングエディタ
rpm - RPMパッケージの操作
広告