grep - 文字列検索


特定の文字列の検索にはgrepが使用できます。

map


Evaluates the BLOCK or EXPR for each element of LIST (locally setting $_ to each element) and returns the list value composed of the results of each such evaluation. In scalar context, returns the total number of elements so generated. Evaluates BLOCK or EXPR in list context, so each element of LIST may produce zero, one, or more elements in the returned value.

pop - 配列の最後の要素を取り除く


pushが配列に要素を追加するのに対し、pop関数は配列の最後の要素を一つ取り除きます。

push - 配列の最後に要素を追加するには


push関数で配列の最後に要素を追加することができます。

reverse - 配列の順序を逆順にする


配列の順序を逆にするにはreverse関数を使用します。

shift - 配列の最初の要素を取り除く


popが配列の最後の要素を取り除くのに対し、shiftは配列の最初の要素を取り除きます。

splice - 配列要素の置換・削除


配列要素の削除と置換

unshift - 配列の最初に要素を追加するには


unshift関数で配列の最初に要素を追加できます。

無名配列 => 無名ハッシュのソート


無名配列に無名ハッシュが格納されているデータを、特定のキーでソートするには以下のようにします。

配列からユニークな要素の取り出し


配列からユニークな要素を取り出したい場合にはmap関数を使用して一旦連想配列に入れます。

配列のソート


配列のソートは普通にsort関数を使用すればよい。

配列の個数を参照するには


配列の個数を参照するには$#変数名を参照すればよい。

配列の区切り文字


配列の区切り文字は通常スペースになりますが、特殊変数$"にて変更することが可能です。

配列の差分


二つの配列の差分を調べるには以下のようにします。

配列をランダムに並び変え


配列の順番をランダムに並びかえるにはrand関数を使用します。

配列をランダムに並べ替え


配列の並べ替え