String::Randomを用いてパスワードをランダムに生成


String::Randomモジュールは指定したパターンに基づき、ランダムに文字列を生成してくれます。

chomp - 改行文字の削除


改行文字を削除するにはchomp関数を使用します。

cryptによる暗号化


文字列の暗号化にはcrypt関数を使用します。crypt関数は2文字受け取り、それを元に暗号化します。(3文字目以降は無視されます)

index - 文字列の先頭から特定の文字の位置を調べる


indexは文字列STRからSUBSTRが最初に見つかった位置を返します。POSTIONを指定した場合は、それより後の位置でSUBSTRが最初に見つかった位置を返します。

join - 配列の結合


join関数はsplit関数の逆の役割を果たす関数で、受け取った配列を指定した区切り文字にて、スカラー変数に変換してくれます。

lc - 大文字から小文字への変換


lc()で大文字から小文字への変換ができます。

qw// - 空白文字を区切り文字として抜き出し


qw// は空白文字を区切り文字として切り出してくれます。動作自体はsplitと何ら変わりありません。

rindex - 文字列の末尾から指定した文字の位置を調べる


index関数が文字列の先頭から指定した文字の場所を調べるのに対し、rindexは文字列の末尾から検索をして、最初に見つかった位置を返します。

split - 文字列を区切り文字で分割


splitは指定された区切り文字で文字列を分割するための関数です。CSVファイルなどの値を取得する際によく使われます。

sprintf - 文字列のフォーマット


sprintfは文字列を指定した形式にフォーマットしてくれる関数です。

substr - 位置を指定した文字列の取り出し


substrは文字列から特定の文字を取り出すための関数です。

ヒアドキュメント


HTMLなどのまとまったテキストを出力する際にはヒアドキュメントを用いると便利です。

全角文字の判定


文字列に全角文字が含まれているかどうかを判定するには以下のようにします。文字列に全角文字(日本語)が含まれているかどうかを判定するには以下のようにします。

全角英数字->半角英数字への変換


全角英数字を半角英数字に置換するにはJcodeを使用します。

半角カタカナ->全角カタカナへの変換


半角カタカナから全角カタカナへの変換にはJcodeモジュールを使用します。

文字列の置換


文字列の置換は=~ /置換前文字列/置換後文字列/ とします。

特定文字の出現回数


文字列から特定の文字の出現回数をカウントするには置換をした回数をカウントすればよい。