[Perl]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク
Perlモジュールの書式は大抵以下のようになります。

package 任意のモジュール名;
use Exporter;
@ISA = qw(Exporter);
@EXPORT = qw(sub1, sub2); #Exportするルーチン

sub sub1{
.
.
.
}

sub sub2{
.
.
.
}


スクリプトから作成したモジュールを読み込みにはuse文を使用します。

[例]
use モジュール名

モジュールのサブルーチンを呼び出すには&sub1()などとすればOK。以下実例。


[モジュール: Category.pm]
package Category;

use Exporter;


@ISA = qw(Exporter);
@EXPORT = qw(new show_parent);

sub new {
my $pkg = shift;
my $self; { my %hash; $self = bless(\%hash, $pkg); }
my $options = {};
$self->{options} = $options;
my @required_options = qw /sub_category/;

# set default parameters in options hash
%$options = (
    parent_category => 'Linux'
);

# new()にて渡されたオプションの処理
for (my $x = 0; $x <= $#_; $x += 2) {
    defined($_[($x + 1)]) or warn("Category->new() called with odd number of option parameters - should be of the form option => value");
    $options->{lc($_[$x])} = $_[($x + 1)];
}


# new()でオブジェクトを作成する際の必須オプションのチェック
#check required options
foreach (@required_options) {
    defined($options->{$_}) or die ("set required option $_ with Category->new( $_ => VAL )");
}

return $self;
}


sub show_parent {
my $self = shift;
my $options = $self->{options};

print "$options->{sub_category} is sub category of $options->{parent_category}\n";


return ();
}

1;
__END__


[モジュールを呼び出すスクリプト: use_module_sample.pl]
#!/usr/bin/perl


use Category;
my $category = Category->new(
	sub_category => 'Command'
);

print $category->show_parent();


[出力結果]
Command is sub category of Linux


関連記事
XML::RSS::Parser
perlの特殊変数一覧
Digest::SHA
DBIx::Class::Schema::Loader
Weak references are not implemented in the version of perl
Class::Accessor - accessorの自動作成
Module::Starter::PBPによるモジュールの作成
perlの特殊リテラル
XMLRPC::Lite
HTTP::Request::Common
標準入力の内容を標示しないようにする
EncodeモジュールでのMIME Encode
Template::Toolkit
@EXPORTと@EXPORT_OK
our - グローバル変数の宣言
h2xs - perlモジュールの雛形を作成
use base - クラスの継承
perlでのSSH接続
モジュールのバージョン確認方法
Encode::Guess - 文字コードの判別
Config::Simple - 外部設定ファイルの利用
CSVファイルの処理
select - ファイルハンドルの設定
defined - 変数が未定義値かどうかを調べる
@INCの追加
delete - ハッシュの値とキーを削除
リファレンスの階層構造
Text::Template - テンプレートファイルの読み込み
ref - リファレンスが参照している変数のタイプ
Use of uninitialized value in string eq
XML::XPath - 要素の検索
Wide character in print at ...
DBMファイルの読み込み
XML::Simple - XMLデータの読み込みと書き出し
Data::Dumper - データ構造を出力
HTML::LinkExtor - リンクの取り出し
until - 制御文
Net::Ping - ネットワークの疎通確認
正規表現 - 量指定子
CSRをdecodeするルーチン
IP::Country::Fast - IP割り当て国を調べる
mkdir - ディレクトリの作成
pod2manでperlモジュールのインストール失敗
fileparse - ファイルパスからファイル名などを取り出す
モジュールが見つからない場合のエラー処理
Archive::Zip - ZIPファイルの解凍
Getopt::Long - コマンドラインからのオプションと値の受け取り
数字のソート
LWP::UserAgent - Webデータの取得
sleep - プログラムの一時停止
stat - ファイル情報の取得
gethostbyaddr - IPアドレスからホスト名を取得
chdir - ディレクトリの移動
べき乗の計算
@ISAとは
Perlでの複数行コメント
ALRMシグナルでのタイムアウト処理
gethostbyname - ホスト名からIPアドレスを取得
Config.pm - CPANの設定
perlモジュールの作成方法
環境変数の取り出し
カレンダーを表示する
perlでシステムコマンドを使用するには
正規表現 - 数字以外にマッチさせる
無名ハッシュへのリファレンス
values - ハッシュから値を取り出す
keys - ハッシュからキーを取り出すには
each - ハッシュからキーと値を取り出す
use vars - use strict内でグローバル変数を使用するには
pdflib - PDFファイルを生成する
if文で{}の省略
変数の局所化に関するmyとlocalの違い
サブルーチンから複数の配列を返すには
数値3桁ごとにカンマで区切るには
サブルーチンを取り込むには
小数点切り捨て
小数点切り上げ
一定時間後の日付を調べるには
Date::Calc - 日付の計算
ファイルをアップロードさせる
undef - 変数の定義を無効にする
perlでの日付の比較
標準入力からの読み込み
郵便番号の入力形式チェック
Perlモジュールのインストール方法
広告