[postfix]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

saslによるsmtp authをpostfixに実装するにはpostfixの設定ファイルであるmain.cfに以下の二つを追加します。


#saslの利用を設定
smtpd_sasl_auth_enable = yes


#saslの認証を通ったものをrelay
smtpd_recipient_restrictions = permit_sasl_authenticated, reject


#unixパスワードで認証を行う場合、/usr/lib/sasl2/smtpd.confに以下のようにしてmech_listを追加してください。


mech_list: PLAIN LOGIN


mech_listがないと次のようなメッセージがでます。

warning: SASL authentication problem: unable to open Berkeley db /etc/sasldb2: No such file or directory


その後saslauthdとpostfixを再起動すればunixパスワードでの認証が実装されます。



関連記事
postfix relayhost
smtpd_client_connection_rate_limit - 同一クライアントからの接続制限
smtpd_recipient_limit - 同時配信数の制限
fatal: unsupported dictionary type: sdbm
postfixadmin + mysql + courier-imapによるバーチャルドメイン
postfixadminでメールボックスが作成されない
fatal: execvp script_path: Permission denied
postfix - rblの参照
postfix + spamassassin
postfixでのsmtp auth
postfix + amavis + clamav のインストール(RPM編)
postfix - postalias
postfix - メールのサイズ制限
postfix - 基本設定
postfix - pop before smtp
postfix - MaildirとMailbox形式の切り替え
postfix - dracd.dbのエラー
postfix + amavis + clamのインストール
postfix - キューの削除
postfix - transport
postfix - 逆引きが引けないアドレスからのメールを拒否
広告