ALTER USER - ユーザパスワードの変更


ユーザのパスワードを変更するにはALTER USER文を使用します。

CASE文の使い方


CASE文を使えばより複雑なSELECT文を書くことができます。

COMMENT ON COLUMN - テーブルのカラムにコメントを付けるには


テーブルのカラムにコメントをつけるにはCOMMENT ON COLUMNとします。

CREATE TABLE - テーブルの作成


テーブルの作成にはCREATE TABLE文を使用します。

CSVからNULL値を読み込ませるには


CSVでNULL値を入れたい場合はNULLの部分に \Nを使用すればよい。...

CSVでのバックアップ


COPYコマンドでCSVによるバックアップが可能。

CSV読み込み


COPYコマンドを使用すればCSVファイルからデータの読み込みができます。

DEFAULTの変更及び削除


DEFAULTの変更及び削除にはALTER TABLE文を使用します。

Fedora Core 3でpostgresが起動できない


Fedora Core 3 をインストールした直後はpostgresを立ち上げよ...

ILIKE - 条件検索で大文字小文字を区別させない


検索で大文字小文字の区別をさせない場合にはLIKEの代わりにILIKEを使用すればよい。

INSERT - データの挿入


データの挿入にはINSERT文を使用します。カラム名を指定しなかった場合はすべてのカラムにデータが挿入される形になります。

PostgreSQLにてデータベースの所有者を変更するには


PostgreSQLにてデータベースの所有者を変更するにはデータベースtemplate1に接続したのち、所有者のIDを取得してからpg_databaseのdatdbaをupdateします。

PostgreSQLのバージョンを調べるには


現在システムにインストールされているPostgreSQLのバージョンを調べるには...

PostgreSQLの設定


RedHatで提供されているRPMのPostgreSQLでは、デフォルトの文字コードがSQL_ASCIIになっています。これですとcreatedbする度に-Eオプションで指定する必要があるため、initdbしなおします。

REFERENCES - 参照制約


REFERENCES制約を使用することで、参照しているテーブルにない値を入力できなくすることが可能。下記の例ではテーブルupdateのhostnameにはテーブルhostnameにある値しか入力できなくなります。

SELECT結果のINSERT


SELECT文で取得した結果をINSERTしたい場合、INSERT文の後に続けてSELECT文を書けばよい。

createdb - データベースを作成するには


createdbコマンドでデータベースを作成することができる。

createuser - Postgresユーザの作成


Postgresのユーザを作成するにはcreateuserコマンドを使用すればよい。

dropuser - ユーザの削除


postgresユーザの削除にはdropuserコマンドを使用します。

max_connectionsを上げるとpostgresが起動できない


max_connectionsを上げるとpostgresが起動できない場合はshared_buffersを上げてください。

max関数 - カラムの最大値を取り出す


カラムの最大値を取り出すにはmax関数を使用します。

min関数 - カラムの最小値を取り出す


カラムの最小値を取り出すにはmin関数を使用します。 [使用例] SELECT ...

not null制約の削除


NOT NULL制約の削除及び追加はALTER TABLE文を使用します。

order by で日本語のソート


ORDER BY で日本語がきちんとソートされない場合、initdbにno-localeを指定して、再度構築し直す必要がある。

pg_ctl - postgresサーバの起動と停止


postgresサーバの起動と停止にはpg_ctlを使用します。このコマンドはrootユーザにて実行できないため、サーバのプロセスを所有するユーザにsuしてから実行する必要があります。(通常postgresユーザ)

pg_dump: WARNING: owner of data type **** appears to be invalid


pg_dump時に以下のようなメッセージがでることがあるが、これはデータのオーナが空の場合にでる警告です。

pg_dumpall - 全データベースのバックアップ


pg_dumpallはすべてのデータベースのバックアップをとるためのコマンドです。

pg_dumpによるバックアップ


pg_dump [データベース名]にてバックアップを取ることが可能。

pg_restoreでデータベースをバックアップから戻す


データベースを戻すにはpg_restoreが利用できます。特にラージオブジェクト...

phpPgAdmin - ブラウザ上からデータベースを管理するには


phpPgAdminとはブラウザ上からPostgreSQLデータベースを管理するためのソフトウェアで、以下のURLからダウンロードできます。

primary keyの追加


primary keyの追加はALTER TABLE文を使用します。primary keyに設定するカラムにはNOT NULL制約が設定されている必要があります。

to_date() - TIMESTAMPから日付のみを取得する


to_date関数を使用すればtimestamp型から日付のみ取り出すことができます。 

update - テーブルデータの更新


データの更新にはupdate文を使用します。update文は通常更新をするデータの特定のため、where文と共に使用されます。

updateでNULL値をセットするには


update "予約" set "配送日指定" = NULL where "配送...

vacuumdb - データーベースの不要領域の削除


vacuumdbコマンドはpostgresデーターベースを解析し、不要領域を削除するツールです。update文やinsert文を頻繁に使用している場合、定期的にvacuumdbをすることでパフォーマンスの低下を防ぐことができます。

|| 文字列連結演算子


PostgreSQLでの文字列連結は||を使用する。

カラムの削除


7.3.2 からは ALTER TABLE DROP COLUMNをサポートしています。

カラムの追加


テーブル作成後にカラムを追加するにはALTER TABLE文を使用します。

カラム名などの大文字と小文字


カラム名などでは大文字と小文字の区別がない。大文字と小文字を区別するにはカラム名をダブルクォーテーションでくくればよい。

カラム名に日本語を使用した場合


postgresでカラム名に日本語を使用した場合、INSERTやUPDATE時にはカラム名をダブルクォートで囲み、値はシングルクォートで囲んでください。

カラム名の変更


カラム名を変更するにはALTER TABLE文を使用します。

クエリー文のログを取るには


/var/lib/pgsql/data/postgresql.conf 内にある...

シェルからパスワード無しにデータベースに接続するには


各ユーザの .bash_profile に環境変数を書き込むことで、パスワード無しにデータベースに接続ができるようになります。

シーケンスのオーナ変更


シーケンスの所有者を変更する場合もALTER TABLEを使用します。

シーケンスの値を変更をするには


SELECT SETVAL ('シーケンス名','新しいシーケンス番号'); で...

シーケンスの削除


シーケンスの削除にはDROP SEQUENCEを使用する。

スラッシュコマンド


\x expand displayをオンにする \s コマンドヒストリーを見る ...

スラッシュコマンドでのラージオブジェクトの操作


スラッシュコマンドでのラージオブジェクトの操作方法。

テーブルのオーナ変更


テーブルのオーナを変更するにはALTER TABLEを使用します。

テーブルを別テーブルにコピーするには


SELECT * INTO "新しいテーブル名" FROM "コピーするテーブル...

ユーザの一覧


postgresのユーザ一覧を見るにはpg_shadowをみればよい。

ラージオブジェクト


ラージオブジェクトとは画像などといったバイナリーデータをデータベースに格納するための形式です。

ラージオブジェクトのコメント


\lo_list でラージオブジェクトの一覧とそのコメントが表示されますが、このコメントはシステムテーブルpg_description内に格納されています。

ログを取るには


PostgreSQLでログを取るには、postgresql.confを編集します。

文字コードの変換


client_encodingを設定すれば、データベース側にて文字コードの変換を行うことができます。

期間の選択をするには


PostgreSQLで特定期間のレコードを取り出すには以下のようにします。

複合プライマリーキー


複数のカラムからなるprimary keyを作成するにはテーブル作成時に行う必要がある。テーブル作成後にalter table文で追加することはできません。

配列


postgresでは配列を使用することが可能。