[Qmail]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

qmailでキューの処理をするにはqmHandleというスクリプトを使用します。qmHandleはsourceforgeよりダウンロードできます。使用前にエディタでqmHandleを開き、qmailの起動と停止に関する行を、環境に合わせて編集、もしくはコメントをはずします。


#FreeBSDの場合は以下の部分のコメントをはずす

my ($stopqmail) = '/usr/local/etc/rc.d/qmail.sh stop';
my ($startqmail) = '/usr/local/etc/rc.d/qmail.sh start';


[書式] qmHandle オプション


[主なオプション]
-a すぐにキューの再配送を試みる
-L ローカルキューの一覧を表示
-R リモートキューの一覧を表示
-mN メッセージ番号Nのメッセージを表示
-dN メッセージ番号Nのメッセージを削除
-D すべてのキューの削除


[使用例]
すべてのキューを削除します。

qmHandle -D




関連記事
vpopmailでのユーザ管理
qmHandle - qmailでのキューの処理
dsn=5.1.3, stat=User unknown
qmailで送受信されたメールのコピー
qmail-date-localtime.patch
qmailadminにログインできない
qmail + vpopmail + qmailadmin インストール
qmail-qstat - Qmailキューの情報を表示
qmail - conf-split
qmail - 最大同時接続数を120以上にするには
tcpserverの書式
tcp.smtp.cdbの作成
vpopmailでmysqlを使用する
vadddomainが失敗する
qmailのインストール
広告