[Sendmail]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

通常メールはすぐに配送されますが、一時的に送信先サーバへの接続ができなかったり、サーバの負荷が高かったり↓場合、メールはすぐに送信されずにメールキューに一旦たまります。メールキューは通常/var/spool/mqueueに保存されます。どのようなメールがキューに溜まっているかはmailqコマンドにて確認できます。これらのキューは通常一定時間後に再配送を試みますが(/etc/sysconfig/sendmailなどを参照)、以下のようにすることですぐに再配送を行うことも可能です。


sendmail -q


また再送時により詳細な情報を見るには


sendmail -q -v
とします。


clientmqueue以下のメールを再送するには以下のようにします。


sendmail -q -Ac



関連記事
$jの確認方法
stat=Deferred: local mailer (/usr/bin/procmail) exited with EX_TEMPFAIL
submit.cf - ローカル配送の転送
DSN: Data format error
dracd.dbのエントリーを調べるには
ClamAV - Oversized Zip FOUND
SMTP AUTH
Domain name required for sender address
alias database /etc/aliases.db out of date
config error: mail loops back to me (MX problem?)
dnsblによるスパム対策
/etc/mail/local-host-names
Cannot resolve PTR record for
procmailにて未承諾広告を削除
Domain of sender address....
/etc/mail/access.db - リレーの制御
savemail panic
sendmailのアップグレード
キューの再送をする
ClamAVによるウィルススキャン
virtusertable - 複数ドメインのメールを受信
MaxMessageSize - メールの送受信サイズを制限するには
メールの転送設定 - aliases
Unable to process From lines (envelope), change recognition modes
キューの並列処理をさせるには
キューの時間を変更するには
sendmailのバージョンを調べるには
mailq - メールのキューを見るには
メールをプログラムへ渡すには
mailertableによる配送経路の指定
telnetによるメール送信
Drac + QpopperによるPOP Before SMTP
Sendmailでのウィルススキャン
広告