[Linux] => [spamassassin]


この日記のはてなブックマーク数 このエントリーを含むはてなブックマーク

SpamAssassinとはメールの本文を解析し、メールがスパムかどうかの判別を行うプログラムです。判別にはポイント制が用いられ、設定されたポイントに達するとスパムとみなされます。尚、SpamAssassin自体はこの判別を行ったあとにメールの削除などの操作は行いません。あくまでメールのヘッダー部分に判定結果を付加するのみです。スパムと見なされたメールをどう処理するかはローカルデリバリエージェントであるprocmailにて制御します。


[設定方法]
spamassassinをRPMパッケージもしくはソースからインストールする。


rpm -qa|grep spamassassin
spamassassin-2.55-3.1


~/ に .procmailrcを作成
PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin
VERBOSE=off
LOGFILE=$HOME/procmaillog


:0fw
| /usr/bin/spamassassin


:0
*^X-Spam-Status: Yes
$HOME/spam


これでこのユーザに来たメールはprocmailから、spamassassinにパイプされます。
スパムとみなされたメールはユーザのホームディレクトリ以下にあるspamに保存されます。


.procmailrcの設置が終わったら実際にメールを一通送って見ましょう。
メールのヘッダー部分に以下のように追加されていればOKです。


X-Spam-Status: No, hits=0.0 required=5.0
tests=none
version=2.55
X-Spam-Level:
X-Spam-Checker-Version: SpamAssassin 2.55 (1.174.2.19-2003-05-19-exp)


ユーザのホームディレクトリに.spamassassin というフォルダができているはずです。
この中にあるuser_prefsというファイルが個人の設定になります。デフォルトの設定では
日本語のメールがスパムとして認識されてしまうので、以下のようにします。


rewrite_subject #スパムとみなしてメールのSubjectを書き換えます。
ok_languages ja en
ok_locales ja en


score HEADER_8BITS 0
score HTML_COMMENT_8BITS 0
score SUBJ_FULL_OF_8BITS 0
score UPPERCASE_25_50 0
score UPPERCASE_50_75 0
score UPPERCASE_75_100 0



関連記事
サブジェクトの書き換え
spamassassinとspamc
whitelist_from - ホワイトリストへの追加
procmail
spamassassin3.0のインストール
.procmailによる設定
sa-learn - spamassassinの学習機能
10_misc.cf
広告